納期管理ソフト、M:net(エムネット)の誕生秘話1

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

年が明けてからいよいよ寒さも本格的になり、外に出ると肌を刺すように冷たい空気の毎日ですが、皆様いかがお過ごしですか。

さて、日頃から「納期、工程をバーコードで管理できるソフト」として紹介させてもらっているM:net(エムネット)は、製造業、製造商社である日本ツクリダスが開発したオリジナルのソフトです。
そのM:netについて、先日、角野社長から誕生の経緯などを伺う機会がありました。お話を聞いていると、“製造業が製造業のために作った管理ソフト”は、角野社長の「〇〇できたらいいな」「同業の方にも使っていただきたいな」という思いがたくさん詰まったソフトだということが、ひしひしと伝わってきました。
今回は、そんなお話を皆様にもご紹介したいと思います。

日本ツクリダス創業までの経緯

日本ツクリダス創業となる以前、角野社長はご自身のご実家でもある鉄工所に勤務されていました。その鉄工所は当時、大手一社との取引で、もしその会社との取引がなくなったらどうしようという危機感から、角野社長は前職での経験などを活かし、HPを利用した集客を試みたそうです。その結果、多くのお客様との取り引きが実現し、新たな社内加工の受注に加え、外注加工も行うようになったとのことでした。

しかし、外注さんに加工をお願いするということは、各案件が「どこにあるの?」「いつまでに必要なの?」「どこまで進んでるの?」といったことが見えにくくなる、ということでもあります。そんな悩みを解決するためにExcelでの管理を始められたそうですが、Excelでの管理ではだんだん物足りなくなり、他に何かいいもの(管理できるソフトなど)はないかと考えて、探し始められたそうです。

そんな中、いよいよお客様も増え、元の鉄工所と分社化することになり、日本ツクリダスは「外注さんで加工してもらったものを売る=商社」として2013年に立ち上がりました。
商社としてスタートした日本ツクリダス、案件の管理がいよいよ複雑になり、角野社長ご自身も、既成の管理ソフトを色々探して試されますが、なかなか満足できるものに出会わなかったそうです。

「世の中の生産管理ソフトと呼ばれるものは、分析などに重点を置かれているけれど、私たちが知りたいのはそこじゃない。生産をしている最中の、“誰が持っているのか”“いつまでにいるのか”ということが知りたい。そんなソフトが世の中にない。というところがM:net開発のスタート地点です。」と、角野社長は熱く話してくださいました。

ついに、M:net誕生へ

例えば、A社から3つの案件を受注したとします。そのうち1案件の商品が5点。5点とも違った外注先に加工をお願いする。しかも工程が多くある場合、加工の工程ごとに外注先が変わる。といったように、A社からの受注だけでもかなり多くの管理が必要になってきますよね。
そんなとき、ふいにA社から「あの案件のあの商品どうなってるかな?」と問い合わせがあったらどうでしょう。アナログ管理(紙面やホワイトボードなどでの管理)だと、図面を探すところから始まります。当時、数十社から受注を受け、月に1000点近い商品を取り扱っていたとのことなので、言うまでもなく、図面探しは気の遠くなる作業になってしまいます。
また、図面探しをしている間は作業の手を止めることになるので、仕事の効率も下がってしまいますよね。

そこで、「欲しいソフトがないなら自分たちで作ろう!」というわけで、ついに納期管理、工程管理に特化したソフトの開発を始めて、いよいよM:netが完成するわけです。と言っても、突然M:netというソフトができたわけではなく、角野社長が鉄工所時代から少しずつ構想され、「○○があればもっと便利になるだろう」など実体験に基づいた内容を取り入れ、ソフトウェア開発会社の方と何度も相談し、だんだんと形になっていったものが“M:net(エムネット)”、というわけです。
また、構想が進むにつれ、「同業他社でも似たような悩みをお持ちになっている」ということが分かり、皆様に少しでも楽になってもらえたらと考え販売に至った、というお話でした。

今回取材し、お話を伺っていると、HPの導入、管理ソフトの検討など、現状に満足することなく前進を目指しておられ、現在も常に斬新な切り口で発想やお話をなさる角野社長の変わらない意思のようなものを感じました。
一般的に、会社において「無い物は作る」を実現するのはなかなか難しいのではないでしょうか。その点、角野社長の「無い物は作ればいい」という発想は、凄いことだと思います。ダテに、「日本ツクリダス」という社名はつけていないと感じました。そのチャレンジ精神そのものが、他社との差別化になっていて、成長を続けている要因ではないかと思います。

次回のブログでは、日本ツクリダスではどのようにM:netを使っているのか、納期管理にM:netのようなソフトを使うとどのようなメリットがあるのか、などを紹介していきたいと思いますので、お楽しみになさってください。

また、M:netのHPでも、「M:netを開発したきっかけ」「M:netが便利だと感じる点」などに関する角野社長のお話が掲載されていますので、是非併せてご覧くださいね。
M:netのHPはこちら→★★★

ではまた次回をお楽しみに!


投稿日時 2018年01月17日 | Permalink

2018年 新年あけましておめでとうございます


皆様、新年あけましておめでとうございます。
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

2018年、最初のブログとなりました。今年も日本ツクリダスのブログをご覧いただきありがとうございます。本年も、どうぞよろしくお願いいたします!

年末年始はゆっくりお休みになられましたか?もしかすると、お正月関係なくお仕事をなさっていた方もいらっしゃるでしょうか。
私はというと、小学校も幼稚園も冬休み中ということで、相変わらず賑やかなお正月を過ごしていました。2018年も元気な1年になりそうです。


さて、今回は新年第1号のブログということで、1年の抱負などについて取材してきました。日本ツクリダスの2018年はどんな年になるのでしょうか。ご紹介したいと思います。


日本ツクリダスの2018年は?

まず、角野社長にお話を伺ったところ、「今年は製造分野において今まで社内加工できなかった、フライス加工を強化していきたいと考えています。具体的にはフライス加工機を導入できないか、検討しているところです。」とお答えいただきました。
私が知る限り、旋盤加工をメインとしている日本ツクリダスでは、今のところフライス加工ができるスタッフも機械も、少数です。社長のお話通り、フライス加工が強化されていくと、加工、受注の幅がさらに広がりそうで、今後が楽しみです。

また、「規模の大きい展示会への出展も予定しています。」とのお話も伺いました。2017年もいくつかの展示会に出展しましたが、そこでの出会いからご縁が生まれたお客様も多くいらっしゃるそうで、“日本ツクリダス”を知っていただける機会が増えるのをうれしく思います。展示会出展の際は、毎回斬新なアイデアで人目を引くブースを作っていらっしゃる角野社長。今年はどんなブース、また出展内容になるのか必見です。

M:net(エムネット)に関しては、全国にお客様がいてくださるので、いつも日本中を飛び回っていらっしゃる社長ですが、改良なども加わりさらに使いやすくなっているとのことで、今年はさらに新規加入のお客様が増えるかもしれません。納期管理ソフト、M:net(エムネット)にご興味のある方は、展示会やHPなどでぜひチェックしてみてくださいね。
M:netのHPはこちら→★★★

さらに、年末のブログでも少しお話しましたが「Margel-n-hittikeer事業化」「ironidea事業化」なども検討されているようで、日本ツクリダスの様々なカラーが見られる一年になるかもしれません。どうぞお楽しみに!



続いて、営業担当の西田取締役にお話を伺いました。
「昨年加入したスタッフは皆、若く明るいメンバーです。それぞれの個性がおもしろいメンバーでもあり、それを活かして今まで以上に飛躍できる年にしたいと思います。若いパワーでどこまでも突き進める気がしています。」とのお話で、新スタッフが多く加入した2017年でしたが、新しいスタッフの皆さんを原動力に、スタッフ全体の成長が楽しみな1年になりそうです。
また業務においては、「営業力のアップ、製造部のキャパアップ、外注先の充実などが課題なので、実現できるように取り組んでいきたいと思います。」とのお話をいただきました。設立から5年を迎える2018年、今まで築かれてきたものがさらにパワーアップしていく年になりそうですね。西田取締役の活躍に乞うご期待!です。



最後に、増田工場長のお話です。
「今年はフライス加工を習得し、専念していこうと思っています。もちろん旋盤加工をしなくなるわけではないですが、幅広い加工技術を取得することによってまた新たな考え方(加工方法など)を生み出していけるかなと思い決意しました。」
角野社長のお話にもありましたが、工場の軸ともいえる増田工場長が慣れないフライス加工に専念されるということです。増田工場長のお話を聞いていると、ただならぬ熱意のようなものがひしひしと伝わってきて、1年後、さらには3年後の日本ツクリダスはどんな風になっているのだろうと想いを巡らせておりました。
また、「昨年は社長の助手で初めて展示会のブースにも立たせていただき、実際お客様とお話をすることの楽しさも感じたので、今年も機会があれば展示会にも参加したいと思っています。」とお話しくださいました。



今回の取材を通して改めて感じたことは、スタッフの方それぞれが前向きな思いで業務に向き合っておられるということです。
昨年は事務員さんも含めて新しいスタッフの加入も多く、社内はますます明るく活気ある雰囲気になりました。それぞれのスタッフが熱心に仕事に取り組まれている様子も頼もしい限りですし、2018年もブログやメールマガジンを通じて、そんな日本ツクリダスの変化や進歩を皆様にお伝えできればと思います。



写真は年末の忘年会の様子です。私も子供連れで参加させていただきました。他のスタッフのお子様もたくさん参加され、スタッフはもちろん、子供たちも賑やかですごく盛り上がっていました。ビンゴゲームには豪華な景品も用意されており、娘は「また“ぼうねんかい”いきたいなー」と言っていました。子供にも日本ツクリダスの和気あいあいとした雰囲気が伝わったのかなとうれしく思います。

今年もそんな日本ツクリダス、そして広報部をどうぞ宜しくお願いいたします。
2018年、皆様にとっても充実した年になりますよう、お祈り申し上げます。



投稿日時 2018年01月01日 | Permalink

2017年 本年もありがとうございました

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

いよいよ2017年も残りわずかとなりました。
皆様にとって2017年はどんな年になりましたか?振り返ってみると、とても充実していたという方、まだまだやれそうだったという方、それぞれいらっしゃると思います。
年末は掃除をしたり洗車をしたりと、身の周りをきれいにし、気持ちも新たに新年を迎えたいものですよね。美容院などでも年末は忙しくなるという話を聞いたことがあります。
今年はどんな年だったかな?と思われる方は、来る2018年をさらに充実させるためにも、ぜひ今年1年を振り返る機会を作ってみてくださいね。


さて、それでは日本ツクリダスにとっての2017年はどんな1年だったのでしょうか。
角野社長と西田取締役にお話を伺い、そのお話を踏まえながら私が感じたことなどを紹介させていただこうと思います。

2017年を振り返って

まず、2017年の抱負として「みんながきらきらと“光れる”会社にする」とおっしゃっていた角野社長ですが、私からみた日本ツクリダスのスタッフは皆明るく熱心、まさに皆さん個性的に“光って”いらっしゃると感じます。多少スタッフの入れ替わりもあったようですが、現場などはどんどん明るく活気に溢れているようで、頼もしい限り、今後が楽しみに感じます。

さて、会社的なこととしては、“M:netの追加開発”“コンサルサービスの展開”“広報活動の充実”など、いろいろなことが少しずつ前に進んでいった1年になったようです。
私にとっても他人事ではない広報活動においては、「『ブログ読んでいるよ』とか『メルマガおもしろいね』とお話しいただけることが多いよ」というお話を伺うこともあり、読者の皆様から実際に感想を聞く機会の少ない私にとって、そういった言葉はとても励みになっています。また、メールマガジンを読んでM:netに問い合わせてくださり導入に至ったお客様もいらっしゃるようで、とてもうれしく思います。

またM:netに関して、新規で導入くださったお客様も多くいてくださるそうで、角野社長は日々、日本各地を飛び回っておられました。余談ですが、関西はもちろん、関東、東海、中国、九州まで、社長は移動にご自身の車を使っておられ、2017年だけでも走行距離はすごいことになっているようです。それだけ各地にM:netに興味を持ってくださるお客様がいてくださるということですね。追加開発などもあり、ますます便利に使いやすくなっているM:net、2018年もさらに知名度が上がっていくのでしょうか。楽しみです。


社長は、「中心となるスタッフが定着し、どんどんレベルアップしています。皆、責任感を持って業務を担当してくれているので心強いです。会社としては停滞しているようで、実は着実に前進した年になったと感じます。」とお話しくださいました。
創業から5年、会社の中の大きな柱が確実にだんだんと太く強く育ってきているようなので、今後の日本ツクリダスをお楽しみになさってくださいね。



また、営業を担当されている西田取締役は、「今年はこれまでの展示会、HP、ブログ、またM:netなどの相乗効果のおかげか、お客様からの問い合わせがかなり増えました。その対応に追われる毎日ですが、まだそれが売り上げには反映されてきていないので、今後はきちんと受注につなげていきたいと思います。」と話してくださいました。

実際私が会社に伺った際、西田取締役はお客様の対応などでとても忙しくなさっている印象があり、今年はいろんな方面から日本ツクリダスを知っていただくきっかけが多くあったのかなと身をもって感じています。来年以降、さらに多くの人に日本ツクリダスを知っていただき、受注が増えることを願うばかりです。

さいごに

2017年は、私(瀧尾)が在宅広報部として本格的にお仕事させていただくようになった年でもあり、「やっと1年か」という思いもあれば、「もう1年経ったのか」という思いもあります。
日が経つにつれて、皆様に「日本ツクリダスの魅力をもっと知っていただきたい」という気持ちも強くなり、うまく文章で皆様にお伝えできるよう努力していきたいと思いますので、気長に見守っていただけるとうれしいです。ご意見やご感想もお待ちしています!

皆様のご健康とご多幸をお祈りして、2017年の締めくくりとさせていただきます。
本年もありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願いいたします。

年末年始休業のご案内

誠に勝手ながら、弊社では下記の6日間、
年末年始休業とさせていただきます。

◆◆ 休業日 :12月30日(土)~1月4日(木) ◆◆

なお、12月29日は大掃除のため現場は稼働しておりません。
1月5日(金)より通常通りに営業いたします。
当該期間中のお問い合わせに関しましては、
確認・ご返信が5日(金)以降となります。
皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご容赦いただきますよう
宜しくお願い申し上げます。

では良いお年をお迎え下さい。


投稿日時 2017年12月23日 | Permalink

M:net(エムネット)のHPがリニューアルされました

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

すっかり冬の空気になり、朝晩などとても冷え込んでいますが皆さんいかがお過ごしですか。私の実家では干し柿の仕込みが終わり、軒下に吊るされた柿を見ながら「もう年末だな」と年の瀬が近づいているのを実感しているところです。

M:net(エムネット)のHPがリニューアルされました

さて、バーコードで納期・工程が管理できるソフトとして、日頃からご紹介している自社開発のソウトウェアM:net(エムネット)ですが、先日HPがリニューアルされました。

以前のHPと比較してみたところ、M:netについてイラストなどを加えてより分かりやすく、知っていただきたい情報はさらに詳しく紹介されているように感じました。

M:netに興味を持ってくださっている方はもちろん、導入は考えていないが会社の仕組み作りを思考錯誤中だという方にも、きっと参考になる情報があると思いますので、ぜひ一度ご覧くださいね。
M:netのHPはこちら→★★

導入事例として、お客様の声が掲載されています

M:netの新しいHPの中で、特に「これは読み応えあるな」と感じたのが、『M:net導入企業インタビュー』として紹介されているお客様のお声です。
実際に導入してくださったお客様の感想などが、インタビュー形式で掲載されています。

紹介されている会社様の言葉の中で目に留まったのが、「いかにパソコンに覚えさせて自分は忘れるか、ということがテーマだった」というお話です。
これのお話が印象に残ったのは先日角野社長からも同じようなお話を伺ったからで、「“M:netを導入してから記憶から解放されました”というお話をいだたいた」というものでした。

私たちは、どれだけ働き盛りでも、どれだけ頭をフル回転させていても、覚えておかなければいけないものの量が増えてくると、つい忘れてしまうことや覚えきれないことが多くあります。
私なんかは、子供から「ノートを買ってきておいてね」と頼まれていても、買い忘れることが日常茶飯事です。子供たちは私が忘れることを想定して、何回も確認してくれたり、「自分で買ってこようか」と言ってくれたりして助かっているという、忘れっぽい母です。ノートを買い忘れて、ノートを持たずに学校へ行くのもよくありませんが、これが大切な仕事の案件で、遅れてしまったりミスをしてしまったりしてはさらによくありませんね。

M:netでは、バーコードを作って読み込むだけで、案件を納期順に並べたり工程の進み具合を把握したりできるので、「書類が下の方になって忘れてしまってた!」なんてこともきっとなくなるはずです。自分の記憶をある程度M:netに任せることで、他の業務の効率も上がることでしょう。


さて、「自分が忘れることがテーマだった」とお話しくださったK社様ですが、以前日本ツクリダスに会社見学においで頂き、弊社の業務の流れなどの仕組みを多く取り入れて、「完コピを目指しています」とお話しくださっているほどです。衣装やメイク、音楽などの完コピなどはよく聞く話ですが、“会社の業務の流れを完コピ”というのは初めて聞きました。とてもうれしいことです。

他にも、導入事例の中には、
皆様がお悩みのこと、あれば便利だなと思っていたことなど、
掲載されている会社様に共感していただける部分があるかもしれません。
『M:net導入企業インタビュー』はこちら→☆☆

他にもリニューアルされたHPでは、M:netの基本機能が紹介されていたり、実際の操作画面を見られたりと、内容盛りだくさんになっています。
M:netのHPはこちら→★★

新しいHPに関して、私なりの発見や新情報がありましたらその都度紹介させていただきます。それでは、次回のブログもお楽しみになさってくださいね!


投稿日時 2017年12月05日 | Permalink

“漫画M:net”第4話のご紹介

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

すでにご覧いただいている方もいらっしゃると思いますが、『M:net(エムネット)活用ブログ』に掲載されている“漫画M:net”。漫画ということで、読みやすさ、親しみやすさを感じてもらい、多くの方にご好評いただいています。私のほうでも何度か紹介いたしましたが、私自身も“漫画M:net”を読みながら、さらにM:netへの理解を深めさせてもらっています。

現在第5話までが掲載されていますが、今回は『“漫画M:net”第4話のご紹介』ということで、毎回解説を担当してくださっているスタッフKさんの記事を読んで感じたことや、私なりに掘り下げてみたことをご紹介しようと思います。

“漫画M:net”第4話はこちら→

ちなみに、以前にも紹介した通り、スタッフKさんは日本ツクリダスのホームページ制作に関わってくださっている方のイニシャルです。

進捗確認の見直しで作業効率アップ!

『工程(進捗)を見える化』というタイトルの第4話ですが、「見える化」するとどんないいことがあるのでしょうか。

多くの方が、お客様から「あの案件どこまで進んでる?」と問い合わせを受けた経験ありますよね。そんなとき、製造業の場合であれば現場に電話などで確認するのが一般的です。電話での確認は、かけた方もかけられた方も作業を中断され、どんどん仕事が遅れていく、という事態になりかねません。

漫画の解説では、「工場に電話しなくても進捗を確認できます」と書かれています。
M:netでは、工程が進むたびにその状況が更新されるので、それを確認することですぐに案件の進捗を知ることができるのです。

解説には「1回の問い合わせに3分程度の時間が必要なら、10回問い合わせがあれば30分の時間を進捗確認に使うことになる」とありますが、進捗確認に費やしたその30分。どれだけ加工を進めることができるでしょう?どれくらいの書類が片付くでしょう?また、進捗確認している時間を掃除時間に置き換えてみると、社内は隅々までピカピカになるかもしれませんね。
また、M:netを利用すると、確認したい人1人だけがM:netで確認すればよいので、例えば「営業の人が進捗状況を知りたい」とき、現場に電話して確認する必要がないので、現場の人が作業の手を止めるようなこともありません。

皆様の会社でも、探し物などで一体どのくらいの時間を費やしているのか、一度意識なさってみてくださいね。

“漫画M:net”第4話はこちら→

M;netの強みはインターネット

また、Kさんも書かれているように、M:netはインターネット回線を利用したシステムです。なので、工場で登録された進捗状況が瞬時に保存され、リアルタイムでシステムにつながっているパソコンやタブレットから確認することができます。大きな画面のパソコンを利用した方が便利な作業もありますが、進捗状況の確認のみなら、コンパクトなタブレットが便利ですよね。もちろん営業先など、どこからでも最新の状況が分かります。

私自身、昨年初めて「M:net」「納期管理ソフト」などと聞いたときは、「特別なパソコンで難しい操作が必要なのかな」と少し躊躇していましたが、実際に操作画面などを拝見していると、「小学生の娘でも使えるのでは?」と思うほど、分かりやすく使いやすそうだと感じました。いい意味で気軽な感じです。

解説では、納期・工程管理ソフトはパソコンにインストールして利用するものが多い、とのことですが、M:netはインターネットを見るためのソフトやアプリがさえあれば、いつでもどこでも誰でも現状を確認できるので、これも「見える化」につながる大きなポイントとなりそうですね。ちなみに、私なんかはパソコンが得意なほうではないので、「パソコンにインストール」と聞くだけで、「大変そう」「難しそう」などと感じてしまいます。

“漫画M:net”第4話はこちら→

今回の第4話をご覧になって、“漫画M:net”に興味を持たれた方は、現在第5話までが掲載されていますので、ぜひ併せてお読みくださいね。
リンクはこちら→

 展示会に出展します&ご来場のお礼

展示会出展のご案内です。

11月29日(水)~11月30日(木)
【ものづくり補助金成果発表会】 マイドームおおさか
※30日11時5分より角野社長による事例発表があります。

会場での展示は、『加工品の紹介』『M:netの実演』を予定しています。日常の業務や管理で困っていることがある方は、是非現地で相談してみてくださいね。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています。


また、11月8日・9日と、マイドームおおさかにて開催された「ビジネスエンカレッジフェア」にご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。
私も少しだけですが、顔を出してきました。



いろんな分野・業種の展示がされており、私も興味深く拝見することができました。
また、タイミングが合わずお会いできなかったのですが、「同じ展示会の出展者様でメールマガジンを読んでくださっている方がブースのほうにいらしてくださったよ」と角野社長からうれしいお話を伺いました。
普段、家事・育児に追われる私からすると、こういった展示会の雰囲気を感じられたことは、とても新鮮で気の引き締まる思いでした。いい時間を過ごさせていただきました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
出展なさった皆様、お疲れさまでした。
またお会いできる機会を楽しみにしています。

それでは、次回のブログも楽しみになさってくださいね!


投稿日時 2017年12月05日 | Permalink