“漫画M:net(エムネット)”のご紹介 ~その3~

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

『M:net(エムネット)活用ブログ』に掲載されている“漫画M:net”は、多くの方にご好評いただき、現在第5話までが公開されています。私のほうでも、さらに多くの皆様にご覧いただきたいという思いから、何度か“漫画M:net”ブログを紹介しています。

今回は『“漫画M:net”のご紹介~その3~』ということで、“漫画M:net”第3話で漫画について解説を担当してくださっているスタッフKさんの記事を読んで感じたことや、私なりに掘り下げてみたことをご紹介しようと思います。

以前にも紹介した通り、スタッフKさんは、日本ツクリダスのホームページ制作に関わってくださっているのイニシャルです。

“漫画M:net”第3話はこちら→

事務と製造の並行作業が可能に!?

例えば、「製造業の会社に注文が入り、お客様から図面が送られてきた。そんなとき、入力待ちでなかなか現場での作業ができない。」ということはありませんか。待っている現場の人はもちろん、入力する人も焦ってしまいますよね。誰もが経験あるように、焦ればミスをする確率も上がってしまいます。

漫画に続くKさんの解説では、「事務員さんによる入力と現場での製造が並行して進行できる分、時間に余裕ができる」と書かれています。流れを図でも紹介してくださっていたので、言葉では理解しにくかった私でも、分かりやすく読み進めることができました。

“漫画M:net”第3話はこちら→

並行作業が可能になると必然的に時間が余ってくるので、余った時間で別の作業ができたり、休憩時間が増えたりするかもしれませんね。
主婦なら無意識にやっていると思いますが、「魚を焼いている間にお味噌汁を作る、しかも炊飯器でご飯を炊きながら。」というのも並行作業ですね。

どちらも同じで、時間に余裕ができた分、心にも余裕ができ、次の作業も気持ちよくこなせるのではないでしょうか。私は時間に余裕ができると、いつもより子供や主人に優しくできる気がします。

バーコードを利用した管理のメリット

ご存じのとおり、M:net(エムネット)はバーコードを利用した管理ソフトです。

Kさんが書かれている、バーコード管理のメリットは以下のようなものです。
1. 待ち時間を削減
2. 受注情報の検索や確認時間を削減
3. 工場の稼働率アップのための余力作成

どれも「時間が削減できる」ことに関連しているようですね。“漫画ブログ”第3話は、特急対応について紹介されている漫画なので、1つの作業にかかる時間を少しでも短縮できることは、とても大きいメリットです。

私のようにパソコンの操作に慣れていない方などは、「バーコードをバーコードリーダーで「ピッ」とするだけで案件の詳細情報をすぐに確認できる」というだけで、かなりの時間のロスを減らすことができると思います。

“漫画M:net”第3話はこちら→

また、Kさんは「時間」に関するバーコードのメリットを挙げられていましたが、「時間」以外でのメリットも考えてみました。

1. 入力ミスや出荷ミスなどが減る
案件ごとにバーコードを作って管理するので、何度も案件についての情報を入力したり確認したりする必要がなく、それぞれの作業におけるミスを防ぐことができます。

2. 入力やチェック作業がシンプル
例えば、1つずつ入力していた案件の内容を、バーコードを読み込むだけで管理できるので誰にでも操作を簡単に行うことができます。

3. 人件費などの経費が削減できる
特別な知識がなくても操作が可能なので、パートさんなどの未熟な人も活用可能なので人件費の削減につながります。

今回は3つメリットをご紹介しましたが、上記以外にもバーコードを使うメリットはまだまだたくさんありそうです。
それにしても、バーコードを読み取るだけで、該当する情報を瞬時に表示してくれるシステム。本当にすごいですよね。これを有効に活用しないというのはとてももったいない気がします。

さいごに

現在第5話まで発行されている“漫画M:net”ですが、一見とっつきにくそうな『特急対応』『管理ソフト』などの言葉も、漫画で読むととても分かりやすく、またKさんの解説があることでさらに理解を深め、身近に感じることができました。
私も漫画を読みながら勉強中の身ですが、このブログを読んでくださった皆様が「“漫画M:net”読んでみたいな」と思ってくださったらとてもうれしいです。
初めての方は、ぜひ第1話から読んでみてくださいね。

第1話~第5話までが掲載されています。
リンクはこちら→

11月、展示会に出展します

展示会出展のご案内です。
11月は2回展示会への出展予定があります。

11月8日(水)~11月9日(木)
【ビジネスエンカレッジフェア】 マイドームおおさか

11月29日(水)~11月30日(木)
【ものづくり補助金成果発表会】 マイドームおおさか

それぞれ別の展示会ですが、どちらも大阪での出展予定ということで、私も足を運べたらと思っています。詳細は、また追ってご案内させていただく予定です。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています。



投稿日時 2017年10月03日 | Permalink

納期管理ソフト“M:net(エムネット)”の意外な使い道

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。


日頃から「納期管理、工程管理ができるソフト」として紹介させていただいている、管理システム“M:net(エムネット)”ですが、先日打合せに伺った際、角野社長から「M:net(エムネット)にお問い合わせいただくお客様は、製造業だけではないよ」というお話を伺いました。
私のM:net(エムネット)に対するイメージは「製造業が納期管理、工程管理をするためのソフト」というもので、少しがんばって考えてみても「子供の夏休みの宿題を管理できるかな」くらいでした。なので少々驚きましたが、社長が用途の例を挙げてくださるのを聞き、さらに自分でも考えてみると、本当にたくさんの使い道がありそうだと感じました。

というわけで、今回は「M:netはどんな使い方ができるかな」と、例を挙げながらご紹介していきたいと思います。

納期管理だけじゃない!?

まずは、製造業に限らず様々な業種からお問い合わせいただくということで、「ほかのお仕事の方がM:netを使うとしたらどんな使い方をするのかな」ということを考えてみました。

例えば、ケーキ屋さんが使用する食材それぞれの賞味期限を登録しておくと、賞味期限の近いものから無駄なく使うことができますよね。また、お客様のお誕生日を登録しておくことで、お誕生日が近づくと「バースデーケーキはいかがでしょうか」などのご案内を出すこともできます。自分の誕生日前にこんな案内を受け取ったら、ついケーキを買ってしまいそうですよね。

また、運送会社さんでは、荷物の配送管理はもちろん、トラックの車検時期なんかも登録しておくと便利に使えるのではないでしょうか。たくさんトラックを所有している会社様ならば尚更です。

さらに、日本ツクリダスと同じ製造業の方も、案件の納期管理だけでなく、売り上げの管理や、機械のメンテナンス時期、消火器やオイルやフィルターの交換時期などの管理にも使えそうで、考えれば考えるほど、ざくざく使い方は見つかりそうです。

家庭の中でもM:netが使えそうです

次に、私にとって一番身近でもある家庭の中でM:netが使えそうなところを考えてみました。

まず思いついたのが、先ほどのケーキ屋さんのように、冷蔵庫の中身の賞味期限管理です。細かいものがたくさん入っている場合はバーコードの作成が大変そうですが、「冷凍庫の奥から何年も前のものが発掘された!」という事態はなくなりそうですよね。また、冷蔵庫の中を見なくても中身が確認できるので便利そうです。

また、子供が3人いる我が家では、子供の衣類は衣替えのたびにサイズアウト(サイズが合わなくなり着れなくなること)したものの処分や収納場所などの確認で、部屋中が服だらけになってとても大変です。要・不要、収納場所がすぐに確認できれば、毎回の衣替えがとてもスムーズになりそうだなと思いました。
うまく使えれば、子供自ら整理してくれそうですし、すごく助かります。


角野社長に伺ったところによると、M:netはカレンダーで見ることもできるということで、スケジュール帳のように一目で、「あ、今日は卵、明後日は豆腐が賞味期限か」などと使ってみるととても便利ではないでしょうか。

 納期管理プラスαで

もちろんM:netは納期管理、工程管理をするためのソフトとして開発されたので、そちらで使ってもらうのが一番スムーズだし便利そうです。実際にM:netのトップ画面で納期順に一覧表示されたものを見ると、納期の早いものから出てきます。しかし、「消火器交換」と入れておいても、日が近づいてくるとどんどん上に表示されてくるので、納期管理に使われているM:netでも、もしかすると先ほど挙げたいろいろなものと共存して利用できるかもしれません。

利用する方次第で、無限の使い方がありそうなM:net。また、おもしろそうな利用方法を発見したらご紹介させていただきます。皆様も是非近くにM:netが使えそうな場面があるか、探してみてくださいね。

こちらの『M:netの意外な使い道』シリーズ(勝手にシリーズにしちゃいます)では、今後実際にあった商談のお話も紹介させていただきたいと思っていますので、次回以降もお楽しみになさってください。

11月、展示会に出展します

展示会出展のご案内です。
11月は2回展示会への出展予定があります。

11月8日(水)~11月9日(木)
【ビジネスエンカレッジフェア】 マイドームおおさか

11月29日(水)~11月30日(木)
【ものづくり補助金成果発表会】 インテックス大阪

それぞれ別の展示会ですが、どちらも大阪での出展予定ということで、私も足を運べたらと思っています。詳細は、また追ってご案内させていただく予定です。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています。


投稿日時 2017年10月03日 | Permalink

“漫画M:net”のご紹介 ~その2~

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。


あっという間に夏休みも終わり、秋の気配が一歩ずつ近づいてくるようですね。
我が家は、去年まで住んでいた神奈川県へ遊びに行き、お友達と会ってお出かけしたりご飯を食べたり、楽しい時間を満喫してきました。
子供たちの転校を含め、大阪への引っ越しはなかなか大変なことも多かったですが、「神奈川にも待っていてくれる友達がたくさんいるんだ」と実感し、とてもよい夏の思い出ができました。
お仕事で忙しい方も多くいらっしゃると思いますが、皆様は夏休みをどんな風に過ごされたでしょうか。


さて今回は、“漫画M:net(エムネット)”についてのご紹介です。
皆様の中に、こちらのM:netブログで掲載されている“漫画M:net”をご覧くださった方はいらっしゃるでしょうか。実はこの“漫画M:net”、大変ご好評いただいており、現在第1話から第5話までが掲載されています。すでにご愛読くださっている方もいてくださると思いますが、「まだ読んだことがない」という方は、ぜひこの機会に目を通してみてくださいね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◇◆
今回は第2話の紹介です
◇◆◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、今回のブログでは、第2話についてご紹介したいと思います。
ちなみにですが、このブログでご紹介している「漫画M:net」は、実際のマンガ原稿の添付と謎のスタッフKさんがそのマンガを解説するという構成で1つの記事になっています。
第2話では、第1話同様レトロ(?)な雰囲気の漫画が掲載され、その後、“謎のスタッフKさん”の解説が入ります。
第1話をご覧になりたい方はこちらから→


ちなみに、「“スタッフKさん”って誰?」という方もいらっしゃると思います。実はKさんは、日本ツクリダスのホームページ制作に関わってくださっている方で、“K”というのは、お名前からイニシャルを取ったのだということです。
以前のブログ、『“漫画M:net”のご紹介~その1~』でも少し“Kさん”について紹介していますので、よかったら併せてご覧くださいね。
『“漫画M:net”のご紹介~その1~』はこちら→



第2話の漫画では、前回の第1話で新しいソフトウェア=M:netの存在を知ったT本社長が、M:netの導入を悩んでいたところ、納期遅れのためお客様からお叱りの電話を受けてしまう、という内容で始まります。
「もうソフトを導入するしかない!」と決断するT社長。結果、問題の納期遅れも改善され、導入を渋っていたお父様も乗り気になっていく・・・という話になっています。
“漫画M:net”第2話はこちら→


何か少し重い空気で始まっている第2話なのですが、私は読み進めながら、「あれ?納期遅れを管理ソフトで解決できるの?」と感じました。漫画を読んでくださった方の中には、もしかすると同じように疑問に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。新しいソフトの導入によって、納期遅れが解決できるなんて・・魔法のようですね。実際にそんなことができるのでしょうか。

そう思いながらKさんによる解説を読んでいくと・・。
“導入のタイミングで、今までのやり方を見直すことができ、大きな改善のチャンスにもなる”と書かれています。

導入をきっかけに、業務の大改革をしてしまおうというわけですね。何かひとつを改善すれば、あれもこれもと悪いところが目についてくるので、業務の流れを変えるよいきっかけになるかもしれません。以前ブログやメールマガジンでご紹介した、「掃除」のお話でも、“ひとつきれいになれば、他の気になるところも掃除したくなる”ということと似ているように感じました。

Kさんによる解説では、ソフト(M:net)+αでの業務改善のヒントが紹介されています。
ヒント(納期遅れを改善する方法の提案)の一つとして、『FAXやメールを自動的に転送する仕組みを導入する』というものが挙げられています。注文書がどこかに埋もれてしまっても、その注文を他で確認できる手段を作ってしまおうというわけです。
誰かが注文を置き忘れたり確認し忘れたりしても、他の誰かがいつでもそれを見られる状態になるので、納期遅れや納品漏れを防ぐことができそうですね。忘れっぽい私は、家族のスケジュールや買い物リストなどで忘れていることがあるとき、「おい、これ忘れてるよ」と他で確認してくれる仲間がほしいものだな、と感じました。

他にもいくつかのヒントが紹介されていますので、是非次のサイトを読んでいただき、自社の参考になさって下さいね。
“漫画M:net”第2話はこちら→



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◇◆
さいごに
◇◆◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第2話では、ソフトウェアの導入を渋っていたお父様も、最後にはウキウキうれしそうに、『スナックM子』のお姉さんに導入したことを話しています。(『スナックM子』は第1話でも登場した昭和感あふれるスナックです。)
とりあえずは無事ソフトウェアを導入できて、めでたしめでたしといったところでしょうか。

M:net活用マンガは、既に5話までが完成し、掲載されています。
こちらから見ることが出来ます。
“漫画M:net”第1話から第5話までのリンクはこちら→

このブログではまだ2話までのご紹介ですが、順次私なりの見方・解説をしていきたいと思っています。
それでは、また次回お会いしましょう!


投稿日時 2017年08月31日 | Permalink

お盆休業のご案内

こんにちは。
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。


本日はお盆休業のご案内です。
昨年から新設された“山の日”が加わり、長い方ですと10連休となるという今年のお盆休みですが、皆様はいかがでしょうか。

日本ツクリダスでは、8月10日(木)~8月15日(火)の6日間、お盆休業をいただきます。皆様にはご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

●● 休業日 : 8月10日(木)~8月15日(火) ●●

なお、8月16日(水)より通常通り営業いたします。
当該期間中のお問い合わせに関しましては、 確認・ご返信が16日(水)以降となります。


お盆休業の前には、日本ツクリダス恒例の大掃除があります。
暑い時期にスタッフの皆さんは大変ですが、大掃除を終え、気持ちよくお休みを迎えていただきたいものです。

ブログを読んでくださっている皆様におきましては、旅行などのレジャーに行かれる方も、おうちでのんびりされる方も、健康で充実したお盆休みを過ごされますようお祈り申し上げます。



投稿日時 2017年08月04日 | Permalink

“漫画M:net”のご紹介 ~その1~

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

ついに、“恐怖の夏休み”が始まってしまいました・・。とはいえ私自身、子供たちと過ごす時間はとても好きなので、夏休みが始まってわくわくしている気持ちもあります。少し面倒なのがお昼ごはん作り。ひとりだと適当もいいところ、というものを食べていますが、毎日4人分のお昼ごはんを用意するのはなかなか大変です。というわけで、おいしくて、簡単で、早くできて、あまり火を使わない(欲張りすぎですね)メニューを研究しておきますね。


さて今回は、こちらのM:net(エムネット)ブログに掲載されている“漫画M:net”のご紹介です。現在1話から5話まで掲載されており、すでに愛読くださっている方も思います。「まだ見ていない」という方も、この機会にぜひ目を通してみてくださいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◇◆
・ 謎の“スタッフKさん”
◇◆◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“漫画M:net”では、まず何とも言えない味のある漫画が登場します。第1話の冒頭では、『スナックM子』が舞台となって始まり、かなり昭和の雰囲気が漂っています。
“漫画M:net”第1話はこちら→


そして、この漫画を解説する文章へと続いていくわけですが、その解説を書いているのが“スタッフK”と名乗る人物です。何やら怪しげですね。
私も当初、この“漫画M:net”を読むだけでしたので、謎めいた“スタッフK”さんを「どんな人なのかなあ」と興味津々でした。

ですがその後、実際にKさんとお会いする機会がありました。お会いしたのは少しの時間でしたが、Kさんは想像していたよりもお話しやすい方で、気さくにお話してくださいました。Kさんの「K」は、名前から取ったイニシャルだとか・・・。また、Kさんは日本ツクリダスのホームページ制作に関わってくださっているそうで、そういったことに無知な私は、「WEB関係もできて文章も書けるなんてすごいなー」と思いながらお話させていただいていました。

ですが、まだまだKさんについては“謎”な部分が多いので、徐々に“謎”を暴いていけたらと思います。併せて、皆様からも「Kさん」についてのご質問も随時お受けしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◇◆
・ どんな内容なのか、少しのぞいてみましょう
◇◆◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第1話の漫画では、業績不調に悩むT本社長が、同じく工場経営しているM田さんの会社の業績好調の理由が、最近導入したソフトウェアだということを聞きつけたようです。
“漫画M:net”第1話はこちら→

ソフトウェア=M:net(エムネット)で、無駄をなくしてコストを削減できたことが大きいようですが、ここで、“工場の無駄”について「スタッフKさん」から解説が入ります。
読んでいくと、“図面や指示書を探す時間と手間”“工程や担当者の確認”“納期や数量のミス”の3点が挙げられています。「どれも心当たりがあるわー」と思われた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

業績が好調な理由が、ソフトウェアを導入したことだと言っても、導入するだけでは何の問題解決にはならないということですね。導入される方、または会社は、現状を知り、どこを改善したいか、ということを具体的に考えないといけないわけです。
少し難しくなってしまいましたが、それぞれの会社によって問題となっている点、改善したい点は違うと思うので、それぞれのニーズに応じてソフトウェア=M:netの使い方を模索していただくことで、より使いやすく効果のあるものになるのかなと感じました。

皆様も、「現状○○が悩みなんだよな」「改善するとしたら○○だな」など、頭の中でシミュレーションしてくださってもおもしろいかもしれません。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◇◆
・ さいごに
◇◆◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は主に第1話のお話をさせていただきましたが、第2話以降もとても読みやすく楽しい内容で掲載されていますので、お時間あるときにまた見ていただけたらうれしいです。

「工場の無駄」って?を探っていった第1話ですが、私もこの内容を拝見しながら「我が家の子供たちの夏休みの宿題がスムーズに進むよう、M:netで管理できたら便利かも」と思ってしまいました。夏休みの宿題って自由研究や自由課題などもあるので、なんだか複雑だしなかなかはかどらないんです。それが2人、3人分ともなると、工場の例ではありませんが、「プリントがないー」とかいうことは茶飯事です・・。こういった問題も、M:netの導入で改善できたらいいのですけれど。
このほか、自宅でもM:netが活躍しそうな場がまだまだありそうですよね。探してみるのも楽しそうです。

さて、ぞくぞくと掲載されている“漫画M:net”ですが、私のほうも解説の解説(?)として、こちらのブログで随時内容をご一緒できたらと思いますので、お楽しみになさっていてくださいね。


投稿日時 2017年07月25日 | Permalink