バーコードって何だろう?

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

さっそくですが、以前こちらのブログで、バーコードリーダーについて紹介させていただいたことがありましたよね。ご覧いただけましたでしょうか。
紹介させてもらったとはいえ、私自身バーコードリーダー以前に、バーコード自体も「スーパーの商品やお店で服のタグについているもの」という感じで、あまり身近なものではありませんでした。
皆さんの中にも、バーコードについて、そんな風に感じている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

というわけで、今回は素人ながらバーコードについてご紹介していきたいと思います。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
バーコードって何?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そもそもバーコードとは何なのでしょう?

調べてみると、バーコードとは、
『白線と黒線を平行に組み合わせて、データをコード化したもの。主に、POS。』
(出典|ASCII.jpデジタル用語辞典)
とありました。



たしかによく目にするバーコードは、白線と黒線の組み合わせ、さらに13桁の数字が書かれているものです。『主にPOS』というのは、やはりスーパーなどのレジで多く使われているということなのでしょう。

普段は気にも留めていないのですが、家の中を探してみると、多くのもの(ほとんどのものと言っていいくらい)にバーコードがついていました。
ちなみに、先日まで私も気づいていなかったのですが、銀行の通帳にも各ページ左上にバーコードがついています。また、ご家庭や職場に届く郵便物にも、郵便番号や住所で識別してバーコードをつけるそうです。ただ、このバーコードは紫外線のブラックライトを当てないと見えないということで、ご存じなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、どうしてこんなにも多くのものにバーコードがついているのでしょうか。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
バーコードは何が便利なの?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

例えば、一般的にバーコードがよく使われている、スーパーのレジなどで考えると、もしバーコードがなかったら一つずつの商品の13桁の番号を、キーボードを使ってコンピュータなどに入力していくことになりますね。時間もかかるし、多くの商品、多くの数字を入力していけばミスなども出てきそうです。このような問題を解決できるのが、スキャンのみで情報を読み込める“バーコード”というわけですね。

バーコードを読み込めさえすれば、たとえキーボード操作が苦手な方や文字が読めない方でも作業が可能になり、作業効率も上がります。





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
バーコードを活用している場は?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

バーコードをもし家庭で使うとしたらどんなときかな?と考えてみました。

先ほど、郵便物にもバーコードがついていると書きましたが、我が家は5人家族で郵便の分別もごちゃごちゃになることが多々あるので、住所以下に、家庭内で分別できるようなバーコードがついていたら便利だなと思いました。封筒の場合は、できれば封筒だけでなく中の用紙などにもバーコードがついていると尚うれしいです。
また、子供が3人いると、それぞれのおもちゃや学校用品などをこちらが把握できずに、「ママまた○○ちゃんの間違って入れてるー」ということもよくあります。なので、“誰がどれ”という風にバーコードで読み取って収納できれば便利だなと思いました。


さて、一般的にはお店で売られている商品によく見かけるバーコードですが、お店に並ぶ前にもバーコードが活躍しています。メーカーで商品が作られたときに段ボールなどに詰められた商品。このとき段ボールにもバーコードが付けられ、メーカー、配送屋さん、物流センターなどでもバーコードで管理されています。入庫・出庫の管理、在庫の管理などを自動的に管理できるので、これに関わるスタッフは大変な伝票処理を行わずに済みますし、商品数や発送先などを間違うこともなくなりますね。

さらに、メーカーで商品を作る工程にもバーコードを使うことがあります。
食品や洋服、また日本ツクリダスのような金属加工の会社に至るまで、バーコードを取り入れてお仕事されている会社はとても多いようです。
理由は同じで、「入力の手間が省ける」「入力のミスが減る」などが挙げられます。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
バーコードと似た機能のQRコード
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

皆様ご存じだと思いますが、バーコードが1方向だけでしか情報を記録できないのに対して、縦と横の2方向に情報を記録することができるQRコード(2次元バーコード)というものがあります。QRコードは、1次元であるバーコードに比べて、なんと数十倍から数百倍の情報を記録できるそうです。


QRコードで有名な活用例としては、携帯電話のカメラなどで読み取れるURLの情報ですね。皆様も一度は利用されたことがあるのではないでしょうか。
また、QRコードも1次元のバーコードと同じように、流通や生産の場などで多く使われています。1次元のバーコードよりも多くの情報を持てるので、活用の場もさらに広がりそうで、こちらも調べると奥が深そうです。また調査しておきますね。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
バーコードを探してみるのも楽しいですね
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回は、バーコードについて簡単にご紹介しました。
見てきたように、私たちの周りではたくさんのバーコードが便利に使われています。商品についているバーコードから、物流段階でのバーコード、製造段階でのバーコード、また、目に見えないバーコードまで、種類も用途もさまざまです。

今までは「会社でのバーコード管理」というと、“知らない世界”のような気がしていましたが、今回の取材を通して、“身近な生活で活用されているもの”という認識に変わりました。
ご紹介した以外にも、まだまだたくさんのバーコードがあると思うので、少し気にして探していきたいと思います。皆さんもぜひ「バーコード探し」、してみてくださいね。意外なところに潜んでいるかもしれません。


投稿日時 2017年04月28日 | Permalink

GW休業のご案内

こんにちは。
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。


本日はGW休業のご案内です。
今年のゴールデンウイークは長い方で9連休となるようですが、皆様はいかがでしょうか。

日本ツクリダスでは、5月3日(水)~5月7日(日)の5日間、GW休業をいただきます。皆様にはご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

◆◆ 休業日 :5月3日(水)~5月7日(日) ◆◆

なお、5月8日(月)より通常通り営業いたします。
当該期間中のお問い合わせに関しましては、 確認・ご返信が8日(月)以降となります。


また、5月2日(火)には、日本ツクリダス恒例年に3度の大掃除があります。
以前もブログでご紹介しましたが、今回の大掃除ではどんな風に変わるのか、きれいになるのか、とても楽しみです。

期間中、お休みの方もお仕事の方も、充実したゴールデンウイークとなりますようお祈り申し上げます。



投稿日時 2017年04月26日 | Permalink

漫画M:net 第2話「エムネット導入!?」

みなさん、こんにちは! M:netスタッフのKです。

漫画M:netの第1回目はお楽しみいただけましたでしょうか?
かわいらしい女の子が出てくるわけでもありませんし、記念すべき初回の舞台がスナックという感じになってしまいますが、そこは製造業のマンガということでご了承ください。

さて、前回はM:netを導入したことで無駄をなくしたという同業のM田社長を見て、自社でもM:netを導入すると言ったT本社長でしたが、今回また悩みはじめたようです。


投稿日時 2017年04月10日 | Permalink

今、求められている生産管理ソフトとは?(最近の商談 その2)

みなさまこんにちは。
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

前回のブログでは、どんなお客様が、どのような必要性でМ:net(エムネット)に問い合わせてくださっているのかをご紹介しました。
今回は、「何を必要としてらっしゃるの?」「どんなことを解決したくてМ:netに問い合わせてくださるの?」ということを、さらに詳しくご紹介していきます。



━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
・ お客様が探していらっしゃるのはどんな管理ソフト?
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

前回のブログで、“見える化”のお話をさせていただきました。
「現場や会社内を“見える化”したい」と感じていらっしゃるお客様は、「何かスムーズにいかない」「トラブルが多い」という現状を改善したいと思っていらっしゃるということですよね。
そこで、「管理できるシステム・ソフトを探してみよう」となるわけです。

角野社長に伺ったところによると、世の中には、すべてのニーズを盛り込んで管理するソフトがとっても多いそうです。しかしながら多くの場合、お客様が探していらっしゃるのは「自分たちの補助として使いたい」「完璧に管理してくれなくていい」「必要な情報だけがほしい」など、あくまで人が管理するという前提で、その手助けとして使えるソフトであるということです。

また、それに関連して興味深いお話も伺いました。
同じように、欧米の企業の方が「管理ソフトを探してみよう」となるとき、もともとあるシステムやソフトに自分たちを合わせていくのが一般的なのだそうです。ですが日本では反対で、システムやソフトのほうを自分たちの仕事のやり方に合わせていく、というほうが入りやすく求められていることだそうです。

実際にМ:netにお問い合わせいただくお客様も、ソフトに対し自由さや柔軟性を求めていらっしゃる方が多いと、角野社長もおっしゃっていました。

M:netは、それらのニーズに対し、フレックス(柔軟)に対応することができます。
角野社長は、現場のニーズをヒアリングして、M:netをどのように現場活用できるかをアドバイスすることにかけては、開発者であるということと、実際の現場を運営している事でイメージがしやすく、「導入相談に関してのコンサルティングには評価して頂いていると思うよ!」とおっしゃられていました。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
・ お客様は何を解決したいと思ってらっしゃるの?
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

それでは、М:netで管理してみようかな、と、問い合わせてくださるお客様は、現状どのようなことにお困りなのでしょうか。

伺ったところによると、お客様からのご相談は主に大きく3つに分けられるのではないかとのことで、以下にご紹介させてもらいます。


<1>だれが持っているの? どこにあるの?

まず基本的なところでは、製造や加工の過程で、「現状どの段階まで進んでいるのかをすぐに分かるようにしたい」というご要望が多いようです。

例えば、お客様から注文を頂いて納品するまでの2~3週間の間、「もう少し納期を早めてもらえないかな?」という電話でのお問い合わせに、いったん電話を切って「どこどこ?誰が持ってるの?どこにあるの?」と、探さなければならないところを、М:netでは、ソフト上で確認してすぐに回答することができます。


<2>どのくらい時間がかかっているの?

次に、各加工者が作業にかけている時間を知りたい、というご相談です。
それぞれの作業にかかっている時間に対して価格が見合っているのかなど、原価計算などに役立てたいというお客様も多いようです。

<3>全部で何個あるの? そのうち何個までできているの?

3つ目は、「数量を知りたい」というご要望です。
例えば1000個ある加工品の中で、どこまで加工が進んでいるのかな、ということもМ:netで管理することで、「500個まで終わっていますよ」ということを知りたいというご要望もとても多いです。

М:netでは、<2><3>のニーズに対しては、設定した作業ポイントで完了入力することにより、各工程の進捗管理がリアルタイムでわかるソフトになっています。


ほかにもМ:netとパソコンの機能を活用して文書管理(過去の図面管理や煩雑になりがちな書類管理)なども可能ですし、まだまだ細かく見ていくと、たくさんのご相談内容があるとのことですが、大まかには上記の3つに分類されるのではないかと、角野社長からのお話でした。

皆様も現在のお困りごとで何か当てはまるものはありましたか。

次回以降は、具体的なお問い合わせのお話や、その問題はМ:netでどのように解決できるのか、ということもご紹介できればと思っていますので、ぜひ参考になさってください。


投稿日時 2017年03月31日 | Permalink

漫画M:net 第1話「エムネットを知る!」

みなさん、こんにちは! M:netスタッフのKです。

「工程・納期管理ソフト」なんて言われると、最初はなんだか難しくて高額なシステムのように感じられるかもしれませんが、初期費用やランニングコストも低めで、数名程度の小規模の工場はもちろん製造業以外の現場でも採用されています。

さまざまな場面でお使いいただいているM:netですが、よりわかりやすく伝えられるように、「漫画 M:net」を作っていくことになりました。

今回は第1話「エムネットを知る!」をお届けいたします。


投稿日時 2017年03月27日 | Permalink