納期管理ソフト“M:net(エムネット)”はクラウドシステムです

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

前回のブログでは、M:net(エムネット)の誕生秘話ということで、M:netの生い立ちや開発中の苦労話はもちろん、日本ツクリダス創業の経緯などもご紹介しました。まだ読んでいないよという方は、是非一度ご覧になってくださいね。
「納期管理ソフト、M:net(エムネット)の誕生秘話1」はこちら→★★★
「納期管理ソフト、M:net(エムネット)の誕生秘話2」はこちら→☆☆☆

今回は、それらのことを角野社長から取材する中で、私自身が興味を持ったお話などについて、紹介させていただこうと思います。

インターネット回線を利用しています

ご存知の方も多いと思うのですが、一般的な『生産管理ソフト』は、決められたソフトをパソコンなどにインストールして利用する、“オンプレミス型”です。対してM:netは、インターネット回線を利用した“クラウド型”のシステムになります。インターネットを利用しているので、管理に必要なパソコン、iPad、iPhoneなどのブラウザ(Google Chromeなど)からログインIDとパスワードを入力するだけで、どこでも誰でも利用できます。入力されたデータは、クラウド上に保存されるので、より安全性が増します。

角野社長のお話によると、一時期クラウドシステムは敬遠されることが多かったということですが、最近では利便性やセキュリティの向上などで、インターネット上で納期管理や社員のスケジュール管理、文書管理など行うことが主流になりつつあるとのことでした。

このお話を聞いて思い出したのですが、娘が最近インターネットを利用したタブレット学習を始めました。張り切って毎日取り組んでくれている姿を見て、便利に感じるのは、その学習状況を親がパソコンやスマホで確認できることです。スマホ用には専用のアプリもあって、LINEのようにやり取りも可能です。常に横についていなくても、時間があるときにどこにいても確認できることが、親子とも負担にならず楽しく続けられている秘訣のように感じます。

この「どこにいても」というのはすごく便利で、例えばM:netの場合、営業先で工場の様子が知りたい時などに、iPadやPCを使って現状をすぐに知ることができます。電話を使って事務員さん→現場のスタッフ→事務員さんを経由して確認するより、かなり時間の短縮にもなりますよね。それぞれの作業の手を止めることもありません。

またオンプレミス型では、ソフト利用者が開発者から買い取って利用することになるので、後々ソフトの機能変更や追加が必要になった時には専用のため改修費に莫大な費用がかかってしまうそうですが、クラウド型のM:netでは共通機能などのアップデートは常に行われますし、オプション機能も選択して利用可能になるということです。自由自在、使う人次第で、無限の使い方ができるのはうれしいことですね。

M:netはちょっとリッチな家電!?

また、もうひとつ興味深いお話を伺いました。
製造業では会社の売上げの目安として、【売上=加工人数×80~100万円/月】というものがあるそうです。例えば現場スタッフ5人の会社だと、【5人×80万円=400万円/月】になりますね。
また同時に、納期管理などのシステムを導入する際に利用できる金額は一般的に『年商の約1%』と言われているそうです。ということは、5人の会社だと年商が【400万円×12ヵ月=4800万円】になり、その1%、48万円がシステム導入に利用できる金額になるというわけです。

聞くところによると、多くの管理ソフト(オンプレミス型)は実勢価格500万円ほどだということで、それらのソフトを導入するために必要な年商は100倍なので5億円。月では4000万円。先ほどの計算に当てはめると、【4000万円/月÷80万円=50人】で、500万円のソフトを導入するためには、最低でも50人の現場スタッフが必要になります。

対してM:netは、買取ではなく利用料としてご利用頂いているそうですが、この利用料で計算すると年間30万円か、または月額3万円から導入することができます。(別途初期費用は必要になるそうです)この数字で計算すると、現場スタッフ3人の会社から導入可能な金額になります。3人で可能なのですから、大きく言ってしまえば、2人、さらには1人でもソフト導入を検討していただける範囲ではないしょうか。低コストで導入できるM:netは少人数で稼働されている工場様、会社様にもってこいですね。また少ないコストで最初の1年間を使ってみて、だめだったら解約できるからリスクが少ないと考えて導入を決断される社長様もいらっしゃるそうです。
1ヵ月3万円、年間契約だと30万円。「ちょっと奮発して家電を買おうか。」と言えそうな値段です。

最後に、記憶に頼った管理や、紙ベース、エクセルなどで管理をされていた会社がどのくらいの人数になると、こういった管理ソフトを導入するのか聞いてみました。そうすると、10人を超えてくるとアナログでの管理に限界を感じられ、ソフトの検討を始められる会社が多いそうです。エムネットの場合、最小では4名の会社様が使われているそうで、低コストな分、限界になる前に早めに導入を考えることもできますね。角野社長によると、早ければ早いほど、ソフトの定着はしやすいですよ。との事でした。

M:net導入の際のコスト例はHPでも詳しく紹介していますので、是非ご覧くださいね。
M:netのHPはこちら→●●●

今回は、私自身が興味を持ったM:netのお話(メリットなど)をご紹介させていただきました。M:netに関しては、取材に伺うたびに「こんな便利なことがあったんだ!」と新しい発見や驚きがあります。今後も、それらをどんどん皆様にご紹介していきたいと思いますので、お楽しみになさってくださいね。

それでは、また次回もよろしくお願いいたします!


投稿日時 2018年03月19日 | Permalink

納期管理ソフト、M:net(エムネット)の誕生秘話2

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

先日紹介した「M:net(エムネット)誕生のきっかけ」のお話、皆様ご覧くださったでしょうか。M:netの生い立ちだけでなく、日本ツクリダス創業までの経緯も併せて紹介しています。興味をお持ち頂けた方は、是非一度ご覧くださいね。
『納期管理ソフト、M:net(エムネット)の誕生秘話1』はこちら→★★★

さて今回は、M:netの構想から販売に至るまで、どんな経緯があったのか、開発する上でどのような苦労があったのかなどについて、新たに角野社長に取材しましたのでご紹介していきたいと思います。

テスト、またテスト

角野社長のお話によると、「一般的なソフトは、完成した状況を想定して一気に作り上げ、出来上がったものは変更しない」ということですが、これに対してM:netは「ある程度の形を作ってから、実際にテスト運用しながら修正を加えていった」とのことで、より現場や事務のスタッフさんが使いやすいように作られました。
お話を聞いていると、角野社長らしいとても斬新なソフト開発だなと感心してしまいました。実際にソフト開発担当の方も同じように感じていただけたらしく、「是非一緒にやりましょう!」と、快く引き受けてくださったとのことです。

M:netでは、例えば「図面が操作画面上に表示される」「入力項目がすべて埋まっていなくてもエラーが出ない」など、あまり一般的ではない、けれど実用する上で間違いなく便利な機能がたくさんあります。
必要な情報だけを瞬時に表示したい現場などでは、検索した図面がパッと表示されると助かりますよね。作業効率も上がりそうです。
また、入力画面で、指定の項目すべてを入力しないとエラーメッセージが出てしまう、という経験、管理ソフトに限らず皆様も一度はありますよね。「とりあえず適当な数・文字を入力しておこう」ということになりがちですが、納品日が決まっていないなどの場合、その部分を空白のままで操作を続けてもエラーが出ないので、必要最小限の情報だけで作業を進めることができます。時間の節約にもなりますし、適当に入力した数字などを修正するという無駄もなくなりますね。

こういった発想に至る角野社長はもちろんですが、イレギュラーな要望にも応えてくださり開発に関わってくださった皆様のおかげで、今のM:netがあるのだと思うと、何か心に沁みるものがあります。努力の賜物ですね。

2013年の開発着手からテスト、修正を繰り返し、2016年の春に本格的な販売に至るまで、その間なんと3年!M:netは、現在も使い勝手の良さを模索して、さらにリニューアル(バージョンアップ)を続けています。

開発段階の苦労したお話など

「M:netを開発、テストする上で、苦労したことは何かありますか?」と質問したところ、
角野社長は「はい。実用テストと修正を繰り返していたときは、毎週ソフト開発者の方と打ち合わせしていました。修正を繰り返している段階ではまだ販売に至っていなかったので、多くのコストをかけて修正し続けていていいのだろうかという不安はありました。果てしない道のりでしたよ。」と答えてくださいました。
さらに、「また、このソフト(M:net)をどうやって知ってもらうかということも大きな課題でした。これに関しては現在も模索しています。」というお話でした。

また、先日実際に打ち合わせの際の議事録を拝見したのですが、ゼロからの開発は新しい発想の連続で、特に角野社長が斬新なアイデアで切り込んでおられました。例えば、インターフェースに関する打ち合わせでは、「Macやスマホタッチの、もっとシンプルで使いやすいインターフェースが欲しい。現場は複雑なオペレーションを嫌うので、キーは1つか、多くとも2つまでに抑えるようにしたい。スライドタッチのキー対応はどうでしょう」などと、今までの概念から飛躍した発想が生まれる場面が印象的でした。

このような開発途中の知られざるエピソードはまだまだあるようで、今後も続けてご紹介していきたいと思いますので、お楽しみになさってくださいね。

それでは、また次回もよろしくお願いします。


投稿日時 2018年02月28日 | Permalink

M:net(エムネット)のHPに新しい導入事例が加わりました

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
M:net(エムネット)HPの『導入企業インタビュー』、皆様はもうご覧くださいましたでしょうか。実際にM:netを導入してくださったお客様の感想などを掲載しているページなのですが、お客様それぞれに合った形でM:netを運用してくださっていることが分かりやすく紹介されており、大変ご好評いただいております。

【M:net(エムネット)導入企業インタビューはこちら】→★★★

さて、先日そんな『導入企業インタビュー』のページに、新しく“有限会社 片桐工作所様”の事例紹介が加わりました。今回のブログではそのページについて、私なりの解釈などを交えながらご紹介したいと思います。

【“有限会社 片桐工作所 津田専務”へのインタビューはこちら】→★★★


作業の順番を“見える化”

紹介のページにもありますが、片桐工作所様は、堺市にある社員8名で小ロットを得意とする機械部品製造の会社です。

津田専務のお話によると、「データを登録することで、納期の順番などが一目でわかるようになったことがとても便利です」ということでした。
M:netは「案件を登録すれば、一覧画面で一括に見ることができ、さらに『納期順』『工程納期順』などに並び替えることができます」どんなに納期がバラバラのものを、どんな順番で入力しても、一覧で表示する時には必ず納期の順番に並び替えられて表示されるという機能を、しっかり活用されているようです。

図面を紙で管理していると、受注が入るたびにどんどん図面を重ねて置いていき、必要な図面が一番下になってしまっていた・・なんてことがよくありますよね。M:netの一覧画面だと、「とりあえず納期が早いものが知りたい」というとき一目で見つかるので、書類の山から図面を仕分けなくても、すぐに作業に入れるというわけです。
津田専務は、「今までは図面探しなどに取られていた時間を、納期確認など他の作業に割り当てることができました。」と話してくださっており、『順番を見える化』することで、時間の短縮、効率的に活用できることにつながったようです。

私なんかは、例えば料理をするときなど、やたらと時間がかかってしまうときがあります。そんなとき、“湯を沸かしている間にお米を洗う”“肉を焼いている間に野菜を切る”など、細かい作業をうまく順番に並べられたら、もっと早く料理が完成することもありそうですよね。
『順番の見える化』、ほかにも有効に使える場面があるかもしれません。

時間計測オプションで作業時間の“見える化”

また片桐工作所様は、オプションの時間計測パッケージも導入してくださっており、「工数(作業時間)がはっきり見えるようになり、記録された作業時間を参考に、加工した製品の価格をつけたりできるようになりました。」とお話しくださっています。
作業時間が分かることで適正な価格を知ることができ、ここでも無駄を省くポイントができたようです。

また、データを入力する事務の方も「迷いにくい」「早くできる」との声をくださっているようです。エムネットはデータを入力する画面ひとつしかありません。なので、必ず同じ入力ページに戻ってくるため迷わないのではないかと思います。日本ツクリダスの事務スタッフからも同様の感想を聞いたことがあり、パソコンがそんなに詳しくなくても十分に操作、入力できるソフトなのだなと取材しながら実感しました。

“見える化”いろいろ

片桐工作所様の場合、大きく『順番(納期がいつなのかということ)の見える化』『作業時間の見える化』の2点が“見える”ようになったとのことですが、会社様、使う場面によっても“見える化”は様々です。
例えば、『どこにあるのかを見える化』『誰がもっているのかを見える化』『外注から返ってくる日を見える化』など、必要に応じて変わってきますよね。
見える化をすれば改善につながるというヒントをいただいたので、私事ですが、最近食生活を記録し始めました。体調などと照らし合わせ『体の見える化』を試み、体調管理、体重管理に挑戦しています。
このブログを読んでくださっている皆様も、会社のどこかに見えなくて困っていることはありませんか?その見えないことが見えるように何かを変えてみることで、もしかするとプラスになることがあるかもしれませんよ。

「M:netを利用するうえで、現在困っていることは何もありません」と答えてくださった片桐工作所様。ますます便利に、M:netを活用していただきたいものです。

【“有限会社 片桐工作所 津田専務”へのインタビューはこちら】→★★★


では、次回のブログもお楽しみになさってくださいね。


投稿日時 2018年01月31日 | Permalink

納期管理ソフト、M:net(エムネット)の誕生秘話1

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

年が明けてからいよいよ寒さも本格的になり、外に出ると肌を刺すように冷たい空気の毎日ですが、皆様いかがお過ごしですか。

さて、日頃から「納期、工程をバーコードで管理できるソフト」として紹介させてもらっているM:net(エムネット)は、製造業、製造商社である日本ツクリダスが開発したオリジナルのソフトです。
そのM:netについて、先日、角野社長から誕生の経緯などを伺う機会がありました。お話を聞いていると、“製造業が製造業のために作った管理ソフト”は、角野社長の「〇〇できたらいいな」「同業の方にも使っていただきたいな」という思いがたくさん詰まったソフトだということが、ひしひしと伝わってきました。
今回は、そんなお話を皆様にもご紹介したいと思います。

日本ツクリダス創業までの経緯

日本ツクリダス創業となる以前、角野社長はご自身のご実家でもある鉄工所に勤務されていました。その鉄工所は当時、大手一社との取引で、もしその会社との取引がなくなったらどうしようという危機感から、角野社長は前職での経験などを活かし、HPを利用した集客を試みたそうです。その結果、多くのお客様との取り引きが実現し、新たな社内加工の受注に加え、外注加工も行うようになったとのことでした。

しかし、外注さんに加工をお願いするということは、各案件が「どこにあるの?」「いつまでに必要なの?」「どこまで進んでるの?」といったことが見えにくくなる、ということでもあります。そんな悩みを解決するためにExcelでの管理を始められたそうですが、Excelでの管理ではだんだん物足りなくなり、他に何かいいもの(管理できるソフトなど)はないかと考えて、探し始められたそうです。

そんな中、いよいよお客様も増え、元の鉄工所と分社化することになり、日本ツクリダスは「外注さんで加工してもらったものを売る=商社」として2013年に立ち上がりました。
商社としてスタートした日本ツクリダス、案件の管理がいよいよ複雑になり、角野社長ご自身も、既成の管理ソフトを色々探して試されますが、なかなか満足できるものに出会わなかったそうです。

「世の中の生産管理ソフトと呼ばれるものは、分析などに重点を置かれているけれど、私たちが知りたいのはそこじゃない。生産をしている最中の、“誰が持っているのか”“いつまでにいるのか”ということが知りたい。そんなソフトが世の中にない。というところがM:net開発のスタート地点です。」と、角野社長は熱く話してくださいました。

ついに、M:net誕生へ

例えば、A社から3つの案件を受注したとします。そのうち1案件の商品が5点。5点とも違った外注先に加工をお願いする。しかも工程が多くある場合、加工の工程ごとに外注先が変わる。といったように、A社からの受注だけでもかなり多くの管理が必要になってきますよね。
そんなとき、ふいにA社から「あの案件のあの商品どうなってるかな?」と問い合わせがあったらどうでしょう。アナログ管理(紙面やホワイトボードなどでの管理)だと、図面を探すところから始まります。当時、数十社から受注を受け、月に1000点近い商品を取り扱っていたとのことなので、言うまでもなく、図面探しは気の遠くなる作業になってしまいます。
また、図面探しをしている間は作業の手を止めることになるので、仕事の効率も下がってしまいますよね。

そこで、「欲しいソフトがないなら自分たちで作ろう!」というわけで、ついに納期管理、工程管理に特化したソフトの開発を始めて、いよいよM:netが完成するわけです。と言っても、突然M:netというソフトができたわけではなく、角野社長が鉄工所時代から少しずつ構想され、「○○があればもっと便利になるだろう」など実体験に基づいた内容を取り入れ、ソフトウェア開発会社の方と何度も相談し、だんだんと形になっていったものが“M:net(エムネット)”、というわけです。
また、構想が進むにつれ、「同業他社でも似たような悩みをお持ちになっている」ということが分かり、皆様に少しでも楽になってもらえたらと考え販売に至った、というお話でした。

今回取材し、お話を伺っていると、HPの導入、管理ソフトの検討など、現状に満足することなく前進を目指しておられ、現在も常に斬新な切り口で発想やお話をなさる角野社長の変わらない意思のようなものを感じました。
一般的に、会社において「無い物は作る」を実現するのはなかなか難しいのではないでしょうか。その点、角野社長の「無い物は作ればいい」という発想は、凄いことだと思います。ダテに、「日本ツクリダス」という社名はつけていないと感じました。そのチャレンジ精神そのものが、他社との差別化になっていて、成長を続けている要因ではないかと思います。

次回のブログでは、日本ツクリダスではどのようにM:netを使っているのか、納期管理にM:netのようなソフトを使うとどのようなメリットがあるのか、などを紹介していきたいと思いますので、お楽しみになさってください。

また、M:netのHPでも、「M:netを開発したきっかけ」「M:netが便利だと感じる点」などに関する角野社長のお話が掲載されていますので、是非併せてご覧くださいね。
M:netのHPはこちら→★★★

ではまた次回をお楽しみに!


投稿日時 2018年01月17日 | Permalink

2018年 新年あけましておめでとうございます


皆様、新年あけましておめでとうございます。
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

2018年、最初のブログとなりました。今年も日本ツクリダスのブログをご覧いただきありがとうございます。本年も、どうぞよろしくお願いいたします!

年末年始はゆっくりお休みになられましたか?もしかすると、お正月関係なくお仕事をなさっていた方もいらっしゃるでしょうか。
私はというと、小学校も幼稚園も冬休み中ということで、相変わらず賑やかなお正月を過ごしていました。2018年も元気な1年になりそうです。


さて、今回は新年第1号のブログということで、1年の抱負などについて取材してきました。日本ツクリダスの2018年はどんな年になるのでしょうか。ご紹介したいと思います。


日本ツクリダスの2018年は?

まず、角野社長にお話を伺ったところ、「今年は製造分野において今まで社内加工できなかった、フライス加工を強化していきたいと考えています。具体的にはフライス加工機を導入できないか、検討しているところです。」とお答えいただきました。
私が知る限り、旋盤加工をメインとしている日本ツクリダスでは、今のところフライス加工ができるスタッフも機械も、少数です。社長のお話通り、フライス加工が強化されていくと、加工、受注の幅がさらに広がりそうで、今後が楽しみです。

また、「規模の大きい展示会への出展も予定しています。」とのお話も伺いました。2017年もいくつかの展示会に出展しましたが、そこでの出会いからご縁が生まれたお客様も多くいらっしゃるそうで、“日本ツクリダス”を知っていただける機会が増えるのをうれしく思います。展示会出展の際は、毎回斬新なアイデアで人目を引くブースを作っていらっしゃる角野社長。今年はどんなブース、また出展内容になるのか必見です。

M:net(エムネット)に関しては、全国にお客様がいてくださるので、いつも日本中を飛び回っていらっしゃる社長ですが、改良なども加わりさらに使いやすくなっているとのことで、今年はさらに新規加入のお客様が増えるかもしれません。納期管理ソフト、M:net(エムネット)にご興味のある方は、展示会やHPなどでぜひチェックしてみてくださいね。
M:netのHPはこちら→★★★

さらに、年末のブログでも少しお話しましたが「Margel-n-hittikeer事業化」「ironidea事業化」なども検討されているようで、日本ツクリダスの様々なカラーが見られる一年になるかもしれません。どうぞお楽しみに!



続いて、営業担当の西田取締役にお話を伺いました。
「昨年加入したスタッフは皆、若く明るいメンバーです。それぞれの個性がおもしろいメンバーでもあり、それを活かして今まで以上に飛躍できる年にしたいと思います。若いパワーでどこまでも突き進める気がしています。」とのお話で、新スタッフが多く加入した2017年でしたが、新しいスタッフの皆さんを原動力に、スタッフ全体の成長が楽しみな1年になりそうです。
また業務においては、「営業力のアップ、製造部のキャパアップ、外注先の充実などが課題なので、実現できるように取り組んでいきたいと思います。」とのお話をいただきました。設立から5年を迎える2018年、今まで築かれてきたものがさらにパワーアップしていく年になりそうですね。西田取締役の活躍に乞うご期待!です。



最後に、増田工場長のお話です。
「今年はフライス加工を習得し、専念していこうと思っています。もちろん旋盤加工をしなくなるわけではないですが、幅広い加工技術を取得することによってまた新たな考え方(加工方法など)を生み出していけるかなと思い決意しました。」
角野社長のお話にもありましたが、工場の軸ともいえる増田工場長が慣れないフライス加工に専念されるということです。増田工場長のお話を聞いていると、ただならぬ熱意のようなものがひしひしと伝わってきて、1年後、さらには3年後の日本ツクリダスはどんな風になっているのだろうと想いを巡らせておりました。
また、「昨年は社長の助手で初めて展示会のブースにも立たせていただき、実際お客様とお話をすることの楽しさも感じたので、今年も機会があれば展示会にも参加したいと思っています。」とお話しくださいました。



今回の取材を通して改めて感じたことは、スタッフの方それぞれが前向きな思いで業務に向き合っておられるということです。
昨年は事務員さんも含めて新しいスタッフの加入も多く、社内はますます明るく活気ある雰囲気になりました。それぞれのスタッフが熱心に仕事に取り組まれている様子も頼もしい限りですし、2018年もブログやメールマガジンを通じて、そんな日本ツクリダスの変化や進歩を皆様にお伝えできればと思います。



写真は年末の忘年会の様子です。私も子供連れで参加させていただきました。他のスタッフのお子様もたくさん参加され、スタッフはもちろん、子供たちも賑やかですごく盛り上がっていました。ビンゴゲームには豪華な景品も用意されており、娘は「また“ぼうねんかい”いきたいなー」と言っていました。子供にも日本ツクリダスの和気あいあいとした雰囲気が伝わったのかなとうれしく思います。

今年もそんな日本ツクリダス、そして広報部をどうぞ宜しくお願いいたします。
2018年、皆様にとっても充実した年になりますよう、お祈り申し上げます。



投稿日時 2018年01月01日 | Permalink