第32回「日本ものづくりワールド」に出展しました!【後編】

2021年2月3日(水)~5日(金)の3日間、千葉県の幕張メッセにて行われた、第32回 日本ものづくりワールド。
2021年の、当社初出展となった展示会でした。

レポート後編となる今回は、営業部メンバー・山田と佐野のインタビューをお届けします!

営業部メンバー・展示会参加インタビュー!(山田&佐野 編)

今回を含め、展示会への参加は8回目となる山田と、3回目となる佐野。
今まで複数回、展示会に参加してきたメンバーですが……その感想や裏話はいかに?!


◆ 今回の展示会は、コロナ禍の中、関東圏での開催でしたが……
  会場の盛況ぶりや雰囲気について、どう感じましたか?

山田:「思った以上に盛況でした!
    入口の真横という良い位置にブースがあったことも関係あるかもしれませんが、
    政府の出したガイドラインでは50%以下の収容となっていたのに、実際はそれ
    以上に来場があったのではないかと思うほどでした(笑)

    雰囲気的には、コロナ対策もしっかりされていましたし、マスク必着や密の防止
    などもありました。
    コロナ禍にも関わらず、とにかく賑わっていたと思います」

佐野:「今までに3回、展示会に参加してますが……
    通常に比べると、全体的に来場者は少ない印象でしたね。
    普段はもっと、来場者がある印象なので……」

インタビュー初っ端から、意見が割れたふたり(笑)
状況の見方に個性も出ているのでしょうが、今まで参加した展示会の規模・経験からも、印象が違ってくるのかもしれません。


◆ ニッツクブースについての反応や手ごたえはどうでしたか?

山田:「コロナになる前までの展示会では、作業員の方や大手メーカーさんの来場が
    多く、「ちょっと立ち寄ってみた」「前を通っただけ」などのお客様が
    多かったです。

    でも、今回はこのような状況下でも来場されているということもあり、
    真剣に話を聞こうと考えていらっしゃるお客様が多かった印象ですね。
    役職を持っている方の来場が多かったため、より建設的な話をすることが
    できたと思います」

佐野:「他にもたくさんのブースがありましたが、その中でもニッツクブースは好調で、
    集客もあったと思います……!」


来場者へ説明をする山田。
ブース内には、座って応対できるスペースも設けられました!

◆ ブースでの応対中など、「これは失敗してしまった!」な場面はありましたか?

山田:「今回、今まででの展示会のやり方とは別の方法を考えて臨みましたが、実際に
   そのやり方が十分発揮出来たかというと……個人的には、まだまだだったかなと
   思います。

   その要因の1つとして、自分の行動にも反省点がありまして……。
   もっと、改善できるところがあったと思っています」

佐野:「できるだけたくさんの来場者と話すため、説明を簡潔に、そして分かりやすく
    伝える準備はしていたのですが……。
    実際には話し込んでしまい、「できるだけたくさんの方と話す」という目標は
    達成できなかったかなと思います」


◆では 逆に、「ここはうまくできた!」「頑張れた!」という場面はありましたか?

山田:「以前までは、展示会場でそのまま次回のお約束をいただくということは
    ありませんでしたが、今回は話の流れで、そのままお約束をいただくことが
    できました。
    その点が、今回自分の中でのポイントだと思っています。

    また、新人の和田にも分かりやすいように説明をしたり、本人が話している
    内容を横で聞きながら、終わった後にすぐフィードバックを行うなど、新人
    教育にも繋げる事ができたのではないかと思っています」

佐野:「M:netに関してよくいただく質問や提案に対しては、きちんと回答することが
    できたと思っています!」


デモ機を見せながら説明をする佐野(写真手前)。
ブース手前に並べたデモ機には、たくさんの方が興味を持ってくださいました!

◆ 今回の展示会期間中、印象に残った出来事があれば教えてください!

山田:「うーん、そうですね……。いろいろあるのですが、
    ひとつは、新人・和田の説明のクオリティがドンドン上がっていったこと。
    2つ目は、大阪の、既存のユーザー様に会えたこと。
    3つ目は、去年まで営業に行っていた先のお客様に、ブースにお越しいただけた
    こと……。
    そして最後は、1日1件、その場で次回のお約束が出来たことが印象深かった
    です!」

佐野:「システムだけでなく、ブースの作りや、会社の取り組みなどへもお褒めの言葉を
    いただくことが多々ありました。
    これはちょっと意外で、面白かったですね(笑)」


◆ 次回の展示会出展へ向けて、課題だなと思ったところや、改善したいポイントを
  教えてください!

山田:「今回考えていた「より多くのお客様にお越しいただく方法」をもっと模索し、
    あらゆる可能性を考えながらシミュレートすることが、次回までの課題だと
    思っています。

    また、展示会に出ると、たくさんの企業様と知り合い、その場で話すことが
    できます。
    普段ではできない、貴重な機会ですよね。
    なのでもっと分かりやすく、適切なご説明をして、「ニッツクのブースで話を
    聞いて良かった」と思っていただけるよう、頑張りたいです」

佐野:「今回、ブースにいる全員が接客中などで、せっかく来て下さったお客様とお話
   できなかった例がいくつかありました。

   逆に、ブースにお客様があまりいない場合は、より丁寧に説明するなど……展示
   会自体も時間が限られていますし、もっとお客様の状況を見ながら応対していき
   たいです」


3日間の会期中、たくさんのご来場ありがとうございました!

◆ 最後に、営業部メンバーとして、アピールメッセージやイベントでの感想など、
  自由にひとことお願いします!

山田:「展示会での活動は、その後の会社同士のつながりなど、会社の活動に関わって
   きます。
    展示会そのものの結果(どのくらいのお客様とお話できたか)もありますが、
    究極の成果は、その展示会をきっかけに「どのくらいのお客様の課題解決が
    できたか」という部分だと思います。

    今回の展示会では、会期終了後に自分がそのまま関東に残り、お客様まわりを
    しました。
    今回の展示会の成果の部分には、自分の動きや応対に大きな責任があるという
    気持ちで臨みましたね。

    なのでこれからの活動でも、お客様の課題解決と、そのためのサポートという
   「成果」にしっかり繋げていけたらと思っています!」

佐野:「次に展示会への参加をする時は、今回よりもいい応対ができるよう、準備段階
    からしっかり計画・行動していきたいです!」


上記のとおり、今回の展示会でご縁のあった企業様には、山田が順次訪問させていただきました。
今後もお問い合わせ等ありましたら、お気軽に弊社(日本ツクリダス)までご連絡くださいね。

日本ツクリダス・展示会の出展について(2021年4月)

日本ツクリダスは、来月開催される展示会にも出展いたします!

◆期日:2021年4月7日(水)~4月9日(金)
◆会場:ポートメッセなごや
◆展示会名:第6回 名古屋ものづくりワールド(https://www.japan-mfg-nagoya.jp/ja-jp.html)

当社が開発した、町工場専用の生産管理システム・「M:net」(エムネット)を知っていただくチャンスです。
この機会に、ぜひご来場ください!


投稿日時 2021年03月16日 | Permalink

第32回「日本ものづくりワールド」に出展しました!【前編】

日本ツクリダスが、第32回 日本ものづくりワールドに出展いたしました!

今回は2021年2月3日(水)~5日(金)の3日間、千葉県の幕張メッセにて行われ、2021年・当社初出展となった展示会でした。

コロナ禍の中行われた展示会でしたが、来場者も多く、社長の角野はじめ、営業メンバーの山田・佐野・和田も大活躍!?
前後編にて、今回の展示会の様子や、営業メンバーへのインタビューをお届けします。

ニッツクブース、完成!


今回の展示会では、当社の「ニッツクブース」は良い配置だったようで(笑)
緑色をテーマカラーとし、来場者の興味を引くようなブース作りを行いました!


当社のパンフレットやデモ機も準備!
消毒液を設置する等、感染対策にも配慮しました。

営業部メンバーで、せっせとブースの準備中!

ブース設営完了!
「町工場専用」のPOPがかなり目を引きます…!(笑)

デモ機の準備も整い、いよいよ開場へ…!

営業部メンバー・展示会参加インタビュー!(和田 編)

展示会参加について、前編となる今回は、営業部の和田へインタビューをしてみました!
入社して初めての展示会参加となりましたが、その感想や裏話はいかに……?!


◆ 今回の展示会は、コロナ禍の中、関東圏での開催でしたが……
  会場の盛況ぶりや雰囲気について、どう感じましたか?

和田:「会場の人の入りは多かったように感じます。
    出展ブースは少ない印象でしたが、来場者は盛上がっていましたよ!」


◆ ニッツクブースについての反応や手ごたえはどうでしたか?

和田:「かなり盛況でした!
    混んでいる時は「あとひとりメンバーがいれば…!」と思うくらい人が
    来ていて、手ごたえアリでした」


◆ ブースでの応対中など、「これは失敗してしまった!」な場面はありましたか?

和田:「専門用語を次々に言われ、答えられない場面がありました。
    あとは、話に夢中になり過ぎて、相手がちょっとついて来られなくなった
    場面があったり……(汗)」


◆では 逆に、「ここはうまくできた!」「頑張れた!」という場面はありましたか?

和田:「初めての展示会でしたが、初日と比べて、最終日はかなり説明がスムーズに
    なりました!
    自信を持って話すことを意識していたので、良かったと思います」


来場者にデモ機を見せながら説明する和田(写真手前)。
写真のとおり、ニッツクブースに立ち寄ってくれる方は多かったそうです!

◆ 今回の展示会期間中、印象に残った出来事があれば教えてください!

和田:「導入費用について話すと、「高いやろ!」と反応されるお客様にうまく対応
    できませんでした。
    他社と比べても安いのは明確なので、自信をもって「安いです!」と言えば
    良かったです(汗)

    そこからは、費用について言われた時は「資料整理も完璧で、集計もほぼ
    0秒でできる超絶優秀なアルバイトを雇うと思ったら安いですよね?」と
    答えていました」


◆ 次回の展示会出展へ向けて、課題だなと思ったところや、改善したいポイントを
  教えてください!

和田:「来場してくれた方の応対漏れがあるので、もっと、集客する人・説明する人で
    ブース内の役割を分担してもいいなと思いました。
    また、アンケートの集計にはかなり手間がかかるので、今後は簡素化したいな
    と思っています」


◆ 最後に、営業部メンバーとして、アピールメッセージやイベントでの感想など、
  自由にひとことお願いします!

和田:「先日はたくさんのご来場、ありがとうございました!
    これからも「町工場専用」の緑のブースを見かけたら、いつでも声をかけて
    くださいね!」


ブースの前でポーズをキメる角野と営業部メンバー。
ブースだけでなく、着用しているトレーナーも緑で統一しました!

日本ツクリダス・展示会出展のお知らせ(2021年3月)

日本ツクリダスは、今月参加した「日本ものづくりワールド」に続き、2021年3月8日(月)~3月10日(水)に開催される、「日本の製造業の未来展 2021春」(https://expo-miraiten.jp/)にも出展いたします!

こちらは参加費無料で、オンラインでの開催となります。
各日13:00~17:00開場ですが、100社以上の出展があり、複数の基調講演も予定されています。

当社が開発した、町工場専用の生産管理システム・「M:net」(エムネット)を知っていただくチャンスですので、ぜひご来場ください!


次回のレポート後編も、展示会の写真を交えながら、インタビューは先輩営業メンバー・山田&佐野編をお送りします。
次回の更新も、どうぞお楽しみに!


投稿日時 2021年03月02日 | Permalink

M:net忘年会に参加して来ました!②

こんにちは!日本ツクリダス株式会社在宅広報部の森重です。
最近寒さが本格的になって来ましたが、皆さんは体調はいかがでしょうか?
僕は細身ではあるものの、意外と身体が強いため風邪をあまり引きません。
もしかしたら外に出てないからかもしれませんが・・・
みなさまもお体には十分にお気をつけください。

さて、今回の記事は前回のM:net忘年会の続きとなります。
「まだ読んでないよー」と言う方はこちらから読んでいただけると幸いです。

いよいよイベント開始!

ぶっつけ本番のイベントM:net説明会の全体の流れは、このような感じでした。
ちなみに司会進行はラーメン大好きで有名な山田さんが担当しておりました。

挨拶とスタッフ紹介

名刺交換会

M:netの便利な使い方紹介

パネルディスカッション

新機能追加の発表

アンケート

となっております。

挨拶とスタッフ紹介は角野社長が今回イベントに協力してくれたスタッフの方について紹介してくれました。
なんと、僕の紹介もしていただいただけでなく、インタビューをするかもしれないとフォローしていただけたので大変助かりました。

もう1つ印象に残ったのが以前の忘年会の記事で紹介させていただいた野崎さんの漫画についてです。
スタッフ紹介の際に野崎さんと漫画も紹介されたのですが、今回M:net忘年会に参加していただいた方の中から希望者3名まで会社の漫画を作成してくれるようになっていたのです。

角野社長が「作って欲しい人ー!」と掛け声をすると次々と手が上がっていきました。
野崎さんは当初1人も上がらなかったら「どうしよう・・・」と不安に思っていたそうなので、後からお話を伺うと嬉しそうにしておられました。
じゃんけんで勝ち残った3名が漫画を描いてもらえるという話でしたが、残ったのは4人!
緊張が走る中、野崎さんが「4社分作成しましょう!」と言ってくださった時は会場が湧いていました。

次に行われたのが名刺交換会です。


こちらが名刺交換会の様子です。
参加していただいた方は17名でした。
本当に色んな職種の方が来られており、自動車の椅子の型枠を作っておられる方や機械部品を加工している方、プラスチック用の金型を制作されている方もいました。
実はM:netの最初のお客様は税理士さんだったり、本当に色んな方が色んな使い方をされていることをお聞きして驚いています。

皆さん積極的に名刺交換を行っておられ、仕事や会社に対する熱い気持ちがこちらにも伝わってきます。
当たり前の事ではあるのですが、日本ツクリダスのスタッフの方も積極的に名刺交換に繰り出していました。スタッフの方にとっても初めてお会いする方が多いとの事で積極的な姿勢に「すげえ!」の一言です。

いよいよ、始まるM:net説明会

ここからは真面目な雰囲気がグッと上がって知られざるM:netの秘密について角野社長の説明です。
前にあるスクリーンを操作してくれているのは以前の記事で紹介させていただいた杉山さん、そして司会を行ってくれていた山田さんのタッグです。


こちらが説明会の様子です。
写真からも真面目な雰囲気が伝わってくると思います。
僕自身もM:netを使用してブログの記事の管理をしていただいているので、便利な機能や知らなかった機能を知ることができました。
説明資料もいただいているので、いざとなればそちらを参考に色々触って見ることも可能です。
角野社長が説明中、分からないことはありませんか?と逐一聞いてくださるので、安心して説明を聞くことができたのも印象的です。
実際に分からないところは積極的に手を上げて質問してくださる利用者の方が多かったです。

この後パネルディスカッション→休憩と挟むのですが、今回パネルディスカッションは別の記事で紹介させていただきたいと思っております。
非常に濃い内容となっていることと、パネルディスカッションに登壇してくださった2名、浦竹さんと平本さんにはインタビューも受けていただいたので、そちらにて紹介させていただきます。

パネルディスカッションの様子だけ、下の写真でご紹介させていただきますね。


そして座談会の最後は、いよいよ新機能発表です。
便利な機能を紹介する際も質問が飛び交っていましたが、新機能の発表となると質問は更に激しくなっていきます。
座談会の途中から、ずっと社長が発表するのを心待ちにしてソワソワしていた新機能を話すときは目がキラキラしていたのを覚えています。

質問の中には「こんな機能は無いんですか?」といったものもあり、新しい機能のヒントになるものもあり僕はM:netは製作者はもちろんのこと、使用している方とも一緒になって作っているんだなと感じました。

座談会の最後はアンケートを書いてもらいました。
僕自身アンケートって、あんまり真面目に書かないのですがご来場いただいた方は真剣に取り組んでおられました。
今度からは自分も、ちゃんと書こう・・・と、ちょっぴり反省です。

楽しい立食パーティ!

お腹も減ってきた頃合いに待ちに待った立食パーティーの時間です。


美味しそうな食事の数々!
そして・・・


!?
山田さん、その格好は・・・?
どうも、この日のために自前で用意したそうです。(蝶ネクタイとか、どこから持ってきたんだろう・・・)
せっかくなので、許可をもらい写真撮影をさせていただきました。
バッチリと決まっていてカッコいいです!

立食パーティはバイキング制となっており、好きに飲んで食べて喋ることができる自由度の高いパーティーです。
みんな思い、思いに楽しんで会談されているように見えました。
ここでは人見知りの僕も勇気を出してインタビューをさせていただくことにしました。

会話が終わった頃を見計らうために注意深く観察している姿は、もしかしたら不審だったかもしれません。
インタビューはパネルディスカッションに参加していただいた浦竹さんと平本さんにお声かけしました。
面白い話を情熱的に話していただけましたので、こちらも別の機会に紹介させていただきます!

最後に記念撮影をして立食パーティーは終わりです。
この後、別の会場で忘年会が開かれていたのですが時間の都合上、僕は参加できませんでした。
いずれ機会があれば、一緒にお酒も飲んでみたいです。

内容が濃かったために立つ時間も早かったM:net座談会でした。
終始ドキドキしっぱなしでしたが、久しぶりに良い緊張感を味わえた刺激的な一日になったと思います。
自己啓発書を読んでいるかのような、明日の原動力になるような座談会に感謝をしながら今日は筆を置きたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。



投稿日時 2019年12月22日 | Permalink

M:net忘年会に参加して来ました!①

みなさん、こんにちは!
前回の記事から在宅広報部してニッツクブログにて記事を書かせていただいている森重です。
今年も、もうすぐ終わりですね。
クリスマスも近いので26日くらいまで、ずっと寝ることによって日数をスキップしたい気持ちもある今日この頃です。
しかし、そんなわけにも行きませんので本日も元気にブログの更新をしていきましょう。

クリスマスでのイベントの予定はありませんが、今回僕はM:net忘年会と呼ばれるM:netの運営や制作に関わった方と利用者の方とで座談会を行うイベントに参加して来ました。

その名も「M:net 忘年会 座談会」です!
12月6日に開催されたイベントで、堺市産業復興センターで行われました。
開催の目的としましてはM:net利用者の方との交流、M:netの新機能の発表などが目的となっています。
M:netは日本ツクリダス株式会社が制作と販売をさせていただいている町工場専用の生産管理ソフトです。

座談会説明会と聞くと堅苦しそうなイベントでしたが、僕を含めたスタッフの方や来てくださったお客様の全ての方が楽しい時間を過ごせました。
良い体験をしたので、今回は「M:net 忘年会 座談会」のお話にお付き合いください。

準備から参加して来ました!

まずはM:net忘年会のスケジュールをご覧ください。

・受付開始 14:00~
・1部 座談会 15:00~
・2部 懇親会 18:00~
・3部 忘年会 20:30~

僕が今回参加させていただいたのは受付開始の14:00〜忘年会の終わりの20:30までとなります。
座談会では名刺交換や新機能発表といった真面目ながらも楽しい雰囲気になっていました。
第2部はお酒も交えた立食パーティになっており、忘年会では会場を移動して楽しい飲み会をされていたそうです。


こちらが、その会場になります。
建物の5階が会場になっていることを、受付の方に教えてもらいエレベーターに乗って部屋まで向かいます。

中にはすでに多くのスタッフの方が準備をされていましたが入室すると「こんにちは!お疲れ様です!」と元気に挨拶してくれました。
僕も、もちろん元気に挨拶を返しましたよ!(ちょっと噛んだ気もしますが・・・)

森重、謎の漫画と出会う・・・!


会場に行くと僕の席も用意されており、机には説明資料と漫画が用意されていました。
説明会の資料も気になることながらオタクとしては漫画の方も気になります。
ペラペラーと漫画を読んでみると、あっくんと呼ばれるキャラクターが日本ツクリダス株式会社を訪問するという漫画でした。
漫画にすると、会社の概要が分かりやすかったので少し感動しました。

ただ、気になることが・・・


「・・・社長ってこんなにコッテコテだっけ・・・?」
という疑問が・・・

漫画ばかり読んでいるわけには行かないので、隣の席の方にも挨拶をすることにします。
実は会場のテーブルは2人くらい余裕で並んで座ることができる物になっていました。
僕の隣に座っている方は野崎さん!今回はカメラマンとして参加していただいた方でした。
話を聞いてみると、何を隠そう漫画を制作したのは野崎さんとスタッフの方と言うではありませんか!

素直に驚きながら話を聞いてみると角野社長の口調は多少の誇張が入ってるとのことでした。
さすがに、ここまでコテコテではないですよ!と本人も笑っておられて話しやすい優しい雰囲気の方でした。

杉山さんに、お話を聞いてみました!

もうすぐ忘年会も始まると言うことなので、みなさん準備に大忙しでした。
さすがに、インタビューをして邪魔をするわけにはいきません。
できるだけ空気を読みつつ話しかけることに成功した方が杉山さんでした。

僕は新しく在宅広報に入って来た人間なので、角野社長以外の方とはほとんど話したことがありません。
緊張しながら、挨拶してみると本当に気さくに対応していただけました。

内心ホッとしながら、詳しく聞いてみますと今回杉山さんはM:netの説明会で社長のサポートを請け負っているとのことです。
角野社長が説明している横でパソコンを操作してスクリーンでM:netを動きを見てもらう、テクニカルな仕事です。
話を聞いてみると杉山さんは、元々趣味でプログラミングをされておりM:netの開発にも携わっておられました。
まさに適任だな〜と思いながら、やっぱり緊張しますか?とお聞きしたところバリバリ緊張しているご様子でした。
最後に写真をお願いしたところ「イケメンに撮ってくださいね!」と快く引き受けてくれました。


いかがでしょう!
元々爽やかなイケメンさんでしたので、個人的にも上手に撮れたと思います。

田村さんにも、お話を聞いてみました

人見知りながらも、勇気を出して田村さんにもお話を聞いてみることにしました。
田村さんは日本ツクリダスで検査主任をされている方でした。
機械検査技能士と呼ばれる国家資格を持っておられる方で、田村さんも杉山さん同様お話しやすい女性の方でした。
忘年会では机を並べるなどの準備や後片付けをしてくれていました。

やはり、イベントのスタッフと言うことなので「やっぱり緊張しますか?」と聞いてみたところ「そりゃしますよ〜」とお答えいただきました。
田村さんからは、実はM:net忘年会がぶっつけ本番で急に、お声がかかったとの情報をいただきました。
「え!?」
と僕も大驚きです。

今回でM:net忘年会の最後までを書ききろうと思っていた僕ですが・・・
内容が濃すぎた!!!

と言うわけですので次回に続きます!
果たして、ぶっつけ本番のM:net忘年会は成功するのでしょうか!?
それでは読んでくださり、ありがとうございました!


投稿日時 2019年12月22日 | Permalink