導入事例

東亜成型株式会社様「費用も安く、いつでも辞められるので、導入のハードルが低い生産管理システムです」

「型破りな考えも型にはめる」をキャッチコピーとして、自動車シートなどに使われているウレタン発泡用の金型生産をメインに事業を展開している、東亜成型株式会社様。

過去に別の生産管理システムを使っておられたようですが、現在はエムネットくらうどを利用してくださっています。
今回は、東亜成型株式会社様がエムネットくらうどを導入しようと思ったきっかけや決め手、実際に使ってみた感想を、社長の浦竹様にインタビューさせていただきました!



M:netについて、東亜成型株式会社様はこう思う!

まず、今回のインタビュー内容を簡単にまとめてみました。
浦竹社長は、インタビューで以下の内容を話してくださっています!



「ハードルの低さ」が導入の決め手に!

東亜成型株式会社様がエムネットくらうどの導入を決めた理由の1つとして、「ハードルの低さ」を挙げてくださりました。
浦竹様は「費用が安いうえに、いつでも辞められる」ことが魅力だったと語られています。



「どこからでも現場の動きがわかる」ので、外出も安心

エムネットくらうどはパソコンやiPadなどのタブレット端末があれば、どこからでもリアルタイムで現場の動きを確認することができます。浦竹様は「広島に出張に行っているときでも、大阪の現場の動きが一瞬でわかる」と具体的なエピソードを話してくださりました。



「なんでも質問できるサポート体制」のおかげで、こまめに相談ができる

新しいシステムを導入するときは、不安がつきものですよね。
エムネットくらうどの場合、導入前はもちろん、導入後もしっかりとしたサポート体制を整えています。お問い合わせなどご連絡を頂ければ、電話でのやりとりを中心にエムネットくらうどの使い方やアプリとの連携についてアドバイスさせていただいております。





「費用が安い生産管理システム」を探しているときに、たまたまエムネットくらうどを発見


─ エムネットくらうど導入までの経緯を教えていただけますか?

今から6~7年前(2014年前後)に、色んなセミナーで「生産管理システムを入れなければならない」と言われていました。
そのときは、エムネットくらうどとは違うシステムを初めて導入してみたんですが、リースで400万円程度の費用がかかりました。

ところが、当時Windows が7やvistaから10にアップグレードするというタイミングだったので、導入後に軽い気持ちでシステム会社に電話して、システムの変更を依頼したんです。
すると、「全部作り直しになるので、再度見積もりします」と返答があり、また何百万円という見積もりが…。

後から色んな方に話を聞いて、システムの作り直しに費用がかかるのは一般的なことだとわかったんですが、当時僕は知識がなかったので「そんなバカな…!」と思い、別のシステムを探すことにしました。



─ エムネットくらうどはどうやって知っていただけましたか?

はじめは無料のシステムがないかインターネットで探してたんですが、そんなときにたまたま見つけたのが「エムネットくらうど」でした。ホームページを見てみると、気軽に相談できそうだったので、すぐに問い合わせてみることに。
ビビッと来たので、相談から3日程度で申し込みましたね。(笑)
(※お問い合わせいただいた後、すぐに東亜成型株式会社様を訪問し、デモ画面などをご覧いただきながら実際の使い方をご説明させていただきました。)



─ 当時から生産管理システムの必要性を感じていたのでしょうか?

当時は管理がアナログで、工程がたくさんあるような作業でも、エクエルに簡単な納期が書かれたもので確認する程度だったんですよ。ただ、それでは工程がちゃんと把握できず、結局納期直前の残業が増えていました。

社員からも「工程をちゃんと把握したい」「どの仕事がどうなってるのかわからない」という声があったので、生産管理システムは必要だと感じていました。



「いつでも辞められる」ことが導入のハードルを下げてくれた

─ エムネットくらうどを導入しようと思った決め手は何ですか?

大きく2つあります。
1つは「費用が安いうえに、いつでも辞められる」ということ。
最近アプリなどでも増えてきたスタイルだと思うんですが、「いつでも辞められる」というのは安心感がありますね。
そういうのは大体1回始めると辞めないんですけど(笑)、導入のハードルが下がりました。

そして、もう1つは、「製造業の方が製造業のために作っている」という考え方。
これまでの既存の生産管理システムは、使わない機能がたくさんついていることで費用が高くなっているものが多くて、個人的に納得できていなかったんですよ。

エムネットくらうどは必要な機能だけを使えるようになっていて、言葉は変かもしれませんが、「製造業を助けたい」という目線でシステムを作っているような考え方に共感しました。



広島からでも、大阪の現場の状況が一瞬でわかる

─ エムネットくらうどを使っていて、便利だと感じる部分はどこですか?

まずは、「どこからでもアクセスできる」というところです。うちは会社の全体の流れをエムネットくらうどで確認しているんですが、パソコンやiPadがあれば外出先からでもリアルタイムで工場の動きが見られますからね。

検収のために定期的に広島に行くことがあるんですが、そこからでも大阪の現場の状況を一瞬で確認できます。



気になることがあったらすぐ聞けるサポート体制


─ 他にもありますか?

サポートの手厚さも、助かっている部分です。私自身色々と遠慮せずに聞いてしまうタイプなんですが、いつも電話で丁寧にやりとりしてくださるので、安心して質問できます。

エムネットくらうど自体のことはもちろん、エムネットくらうどにカメラをリンクさせる方法など、エムネットくらうどと他のアプリの連携も含めてトータル的に教えてもらっています。

「東亜成型さんの使い方だと、こんな連携はどうですか?」と、積極的にアイデアも出してくださるので、サポート体制は充実しているように感じます。
(※Dropboxなど、オンラインストレージとのリンク方法についてのご質問に回答させていただいた際の内容です。)



─ 最後に、エムネットくらうどを使った感想を聞かせてください!

導入して良かったです!ありがとうございました!



東亜成型株式会社

木型(鋳造型、倣いモデル、マスターモデル)/金型(各種鋳造用金型、成形用金型)
樹脂型(鋳造用マッチプレート、プレス用、インジェクション用、成形用)
自動車シートなどに使われているウレタン発泡用の金型生産をメインに事業を展開

〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2-11-98
Tel:06-6474-5688 Fax:06-6474-5690

https://toaseikei.com/



インタビューを終えて

浦竹社長はエムネットくらうどを「何でもできる魔法の箱」とおっしゃってくださいました。

エムネットくらうどはアイデアと工夫で管理の仕組みを自由につくり、工程管理や生産管理だけでなく工作機械のメンテナンス時期の管理など様々な使い方ができます。こちらもエムネットくらうどの便利な使い方を探して、ユーザー様と情報共有していきます。

その他、エムネットくらうどについて聞いてみたいことがあれば、どんどんお気軽にご質問ください。
あなたからのお問い合わせをお待ちしております!


エムネットくらうどについて気になったことを質問してみる