導入事例

「関西ものづくりワールド」に出展しました!

2021年10月6日(水)〜8日(金)の3日間。
弊社は、インテックス大阪で開催された展示会「関西ものづくりワールド」に出展しました!
今回の展示会は、弊社としてもはじめての試みとなる“DX町工場”6社による共同出展です。

この記事では、展示会当日の様子をお伝えします。

“DX町工場”による共同出展って?


いつもは弊社だけで展示会への出展を行っていたのですが、今回は1つの大きいブースを借りて、弊社が開発した生産管理システム“エムネットくらうど”を実際に導入して活用しているユーザー企業様と共同で出展を行いました。

最近注目されるDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現には、まず社内のデジタル化が必須です。共同出展いただいた企業様は生産管理システムを活かして情報をデジタルで管理を行っている町工場で、まさに”DX町工場”として活躍しています。

実はこの共同プロジェクト、出展企業みんなで集まって展示会に向けての講習を行うなど、事前に綿密な準備を進めていたのですが、その中で1つのテーマを共有していました。

その名も、“ルアーナプロジェクト”。
ルアーナとは、ハワイ語で「みんなで楽しむ」という意味を持つ言葉です。

今回の共同出展は「出展社みんなで楽しむ」ことを目標にしていました!

出展ブースにはたくさんの方が!


今回の展示会は、コロナ禍ということもあり、感染症対策を徹底して開催されました。
当初は「来場される方が少ないかもしれない…」と予想していましたが、共同ブース内はありがたいことに常に満員状態!

たくさんの方が来場され、弊社のブースだけでも3日間で300名を超える方と名刺交換をさせていただきました!

展示会の様子を営業部の山田(写真左)に聞くと「今まで以上に生産管理システムの導入に前向きな方が多かった印象があります。」と話してくれました。

実際、エムネットくらうどのブースでは、
「どれぐらいの規模の会社での使用を想定していますか?」
「現場との連携はどのように行っているのですか?」
など、生産管理システムに関する具体的な質問が聞こえてきました。

そして、今回の展示会で弊社の出展で今までと異なるのは、加工ブースを出展したことです!


これまでの展示会は、エムネットくらうどを紹介するブースがメインでしたが、今回は製造部メンバーも参戦し、弊社の加工製品をご紹介!ブースにお越しいただいた方が「“超速旋盤”って面白いネーミングですね」と言いながら、興味深そうに展示品を覗き込む姿が印象的でした。

>> 弊社の金属加工についてはこちら

共同出展した企業様のブースも大盛況でした!


▲ 三田電気工業株式会社 様


▲ 株式会社平本精機 様


▲ 株式会社テックラボ 様

各社ともに自社のサービスの紹介だけでなく、エムネットくらうどを実際どのように活用しているか、ブースに訪問したお客様にご案内してくださりました!

今回の展示会は生産管理システムを利用している会社の“生の声“を聞く貴重な機会にもなったのではないでしょうか。

3日間の展示会も無事に終了!ありがとうございました!


今回の展示会、共同出展した企業様からは
「熱い3日間を過ごせた」
「思った以上に色んなお客様と出会えた」
「とにかく楽しかった!!」
といったお言葉を頂きました。

当初の目的通り、みんなで楽しむことができ「本当にやってよかったな…!」と感じたのが率直な感想です。

次回の展示会の際には、ぜひとも弊社ブースへお越しいただければ嬉しく思います。
今後ともエムネットくらうど、日本ツクリダス株式会社をどうぞよろしくお願いいたします!