導入事例

お互い会社にいながらM:netを知ってもらえます

こんにちは!
在宅広報部の瀧尾です。

暑い夏も、そろそろ終わろうとしていますね。
熱中症や夏バテで、体調を崩されていませんか?
食欲の秋に向け、体を整えていかなければという想いでいっぱいの瀧尾です。

さて、お問い合わせくださるお客様も増え、益々活気づいているM:net(エムネット)。在宅広報部として、M:netを紹介させていただいている私も、大変うれしく感じております。そんなM:netですが、角野社長から新しい取り組みのお話を伺いましたので、ご紹介させていただきます。

インサイドセールスとは

聞くところによると、新しい取り組みというのは“M:netのインサイドセールス”とのことでした。インサイドセールス、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、恥ずかしながら私自身、初めて聞いた言葉でした。
角野社長のお話では、お客様の元へ伺うことなく、M:netのデモンストレーションを行ったり、詳しい説明をしたりすることだとのことでした。最近ではこのような商談方法が多く利用されているのだと知り、さらに驚いてしまいました。

私なりに、もう少しインサイドセールスについて調べてみました。
「インサイドセールスとは、展示会・セミナー・WEB問い合わせ、リスト購入などのマーケティング活動で得た“見込み顧客”をすぐに営業が対応するのではなく、テレマーケティング(電話・FAXを利用した販売促進方法)・メールマーケティング・WEBトラッキング(閲覧者の記録)などを活用し、ホットリード(確度の高い見込み客)を見極め、営業にトスアップ(有力顧客の社内紹介)を行う活動です。インサイドセールスは受注に繋がる案件を生み出すマーケィングと営業をつなぐ潤滑油です。」とありました。
私には、専門用語が多くて難しいですが、なんとなく理解出来ました。



M:netで利用する場合、お問い合わせいただいたお客様に対して、日本ツクリダスとお客様、それぞれが同じ画面を同時に共有し、実際のM:net操作画面を見ながら電話などでお話することができます。
「少し話を聞いてみたいけれど、会社にわざわざ来てもらうほどでもない」「営業に来られたら強く勧誘されてしまいそうで心配」など、最初から訪問されての説明や提案に不安のお持ちの方も、気軽に利用いただける仕組みではないかなあと感じました。
今まで問い合わせることに躊躇があった読者の方がいらっしゃいましたら、気軽にお問い合わせくださいね。

また、このような取り組みは、会社間同士のやり取りだけでなく、子育て中で家を空けられない方や高齢の方で外出するのが大変だという方が何かお買い物をする際にも、便利に活用できそうですし、考えようによってはもっと幅が広がりそうだなと感じました。
日本ツクリダスではM:netを導入いただいたお客様へのサポートとしての利用も準備中ですと、角野社長はおっしゃっていました。

会社にいながら、家にいながら

今後、日本ツクリダスでは、先ほど紹介したような“インサイドセールス”や在宅で仕事をしてもらうパートさんの“在宅勤務”にさらに力を入れていく予定である、とのお話も伺いました。
ちなみに私も、在宅勤務でブログやメールマガジン作成のお仕事をしています。日本ツクリダスには、私のほかにも在宅で入力業務をしているパートさんがいます。「今後は、在宅営業や在宅広報の充実を考えています。」と角野社長はおっしゃっていましたが、在宅営業・・どのようなものなのでしょうか。実際に動き出した際には、ブログでもご紹介させてもらおうと思います。

ちなみに私の場合は、「何か仕事を始めたい。が、子供がまだ小さく、幼稚園に通い始めたとしても働きに出られる時間は長くない。子供が3人いるので、急病のときや幼稚園小学校の行事などのときは仕事を休まなければならなくなる。」という中で、「家でできる仕事ならば、自分のペースで続けられるのではないか。」という思いから“在宅”の仕事を探し始めました。
結果、“在宅”で仕事ができる、自宅からも近い会社(日本ツクリダス)の、以前から興味があったライティングという分野で、お仕事を見つけることができました。
実際に在宅勤務のことを話したところ、「在宅のお仕事いいかも」と、家でできる仕事を探し始めている、という近所のママ友達もいます。

「お仕事を探している人は、何をポイントに仕事を探しているか」ということを考えてみると、それらのニーズに応えることができるかもしれませんし、採用の幅も広がるかもしれません。
しかしそのためには、在宅営業できる、在宅勤務のスタッフを活用できる仕組み作りが重要であると、いつも角野社長はおっしゃっています。コンサルティング業務も行っている日本ツクリダス。今後少しずつ紹介していければと思いますが、ご興味のある方は、是非一度ホームページをご覧くださいね。

日本ツクリダスのホームページはこちら→★★★
納期管理ソフトM:netのホームページはこちら→●●●


それでは、次回のブログもお楽しみになさってください。