「材料調達」

製造するアイテムによっては、既製品の調達や画するための素材が必要となりますので、これらの発注情報や発注日などを登録管理することができます。 入荷された材料などを荷受時に登録することで、離れた場所からも、予定する加工品に対してリアルタイムな入荷状況を参照することが可能となります。

「材料調達」の登録

材料調達、材料に関する入力画面にて「編集」をクリックして詳細を入力してください。
(左上の「材料調達」をクリックしても、入力画面は開きません。項目を入力して情報量が増えてきた場合に、他の画面を見ていても、材料の項目画面に移動します。)


データの入力方法

ガイド文字にしたがって必要なデータを入力します。
「発注日」と「受領日」といった日程を軸として材料の管理を行うため、
「発注日」を入力した場合は必ず「受領日」を入力して作業を完了させてください。
※↓写真は新しいものに変更する。


「材料調達」の項目

材料項目を作成すると、「現在状況」は【材料未発注】となります。
・発注先:材料を発注した業者名を入力してください(40文字)
・調達方法:【支給・発注・在庫利用】より選択してください
・名称:フリーで入力可能です(20文字)
・サイズ:フリーで入力可能です(20文字)
・注文数量:数量や単位を入力できます(20文字)
・発注日:日程をカレンダーより選択してください。「現在状況」は【材料入荷待ち】に変わります。
・発注者:発注担当者を記入してください(20文字)
・納入予定日:日程をカレンダーより選択してください(20文字)
・受領日:日程をカレンダーより選択してください。「現在状況」は【加工待ち】に変わります。
・受領者:受領担当者を記入してください
・備考:必要に応じてフリーで記載してください(100文字)

「保存」ボタンをクリック

「保存」が完了すると、以下の様になります。


内容に訂正や追記が必要な場合は、「編集」ボタンを選択し入力画面に戻ってください。

◆注意事項◆

  • 受注内容の進捗確認は、日程で行っていきます。
  • 「材料調達」を入力しない場合は、進捗管理を飛ばして「工程」から納期管理します。
  • 「発注日」を入力すると、「受領日」の入力をしないと遅延のアラートがでたままになるのでご注意ください。