現場では分りやすく!カンタンにバーコードで納期管理


エムネットは製造業が作った製造業のための納期管理ソフトです。

私たち自身が製造業だったから、私たちが使う中でいろんな問題に直面しました。
例えば、これらのソフトはリアルタイムに今の状況を知ることができるのが特徴です。
ですが、それは現場の方や進捗の登録を担当してくれる方がこまめに登録を行ってもらわないと意味がありません。

私たちの現場でも開発時には以下のような問題が次々に出てきました。
「大掛かりな入力はできない」
「職人さんはPCが苦手」
「入力に手間が取られて余計に時間がかかる」
「登録を忘れる」
「めんどくさいからムリ!」と言われた

などなどなど

ではなぜなのか・・・

原因を考えてみると登録作業がシンプルでカンタンではないというのもひとつの原因ではないかと考えました。

そこでエムネットはバーコードを使ってカンタンに登録できるように作られています。
当社で実際に稼動していますが、登録する時間はわずか10秒ほど。

①図面に貼られたバーコードを読み込んで
②工程が終わった

って操作をするだけ。
その時タップするボタンの選択肢は「終わった」か「全部終わった」だけ。

これで登録作業が格段にカンタンになりました。

当社でも60代の職人さんがおりましたが、問題なく使ってくれるようになりました。

■文字がいっぱいで見にくい!■

そして画面ににも問題があるのではないかと着目しました。

こういった管理ソフトは画面いっぱいに必要な情報が網羅されている事が多く
探したい情報を見つけるのに時間かかるのと、見ること自体がおっくうになるのでは
ないかと考えました。

当社でも現場作業がありますので、よくよく考えてみると・・・
現場の職人さんたちが必要とする情報って意外に少ないということが分ってきました。

極端な話、「図面」さえ分かれば何とかなるんです。

そこでエムネットは図面がドーンって表示されるようにして
バーコードで読んだ後、手元の図面と画面上に表示されている図面が一致していることを
確認すれば登録するだけっていう方式を考え出しました。

そして最小限必要な情報は隅っこにダイジェストで表示されるようにすれば
目に飛び込んでくる情報が視認しやすく、とっつきやすい=職人さんに使ってもらえる
と考えたんですね。

図面を入れれる事で、営業マンが外に出たときにタブレットで図面を確認するという事も
できるようになりました。これでもういつくるか分からない問合せのために重たい紙図面を
持ち歩く必要性もなくなりますね。

このようにエムネットは製造業の現場目線で考え、それがソフトウェアに活かされています。



投稿日時 2015年11月06日 | Permalink